箱根と富士山

Hakone yumoto onsen 2

頻発する地震の意味

―話が変わるけれど、日本は最近地震が多いのは大きなのが来ないようにしているの?

そう、バラバラに細かくして大きくならないようにしている。

―日本各地にあちこち飛んで地震が起きているし、マグニチュードが大きくても被害がほとんどない。ここ何年かはそういう感じで地震が多くなって、多少、しんどいものも来たりしながらなんとかなっていくと思っていいのかな。

何をもって、しんどいというかによるけど。見る感覚をニュートラルにしておいた方がいいということだ。

―防災用品を準備するとか、水を用意するとかね。土地神様とか日本の神様が忙しそうですね。

動いてますよ~~。土地神様は何で動いているか、その土地の生きとし生けるもの、小さいものも守っているよ。その土地神に私たちが言うことは自分を守ることが人を守ることだと教えていかないと、自分を犠牲にしてしまう。

―この会、私たちにできることは?

どこかで祈りの場ができればいい。

 

箱根は警戒

―この前、富士山に皆さんで行っただけでも違うと思いたいね。西ノ島の噴火が止まってしまった今。

富士山は大丈夫だけど、箱根はダメ。なんでかっていうと地下水がほとんどない。違うところに流れていってしまっているから、冷やされていたものが冷やされなくて、沸騰しているところがまだ何カ所かあるから気をつけたほうがいい。

命に関わるから行ってはいけないと私は言っている。どこなら大丈夫かって言っても、大きなのが三つもド~んときたら、どこも安全ではない。

人は(地震・噴火の危険性を)軽く見すぎだし、商売と命とどっちが大事か。人は自然に対してあまりにも簡単に考えすぎる。自然は苦しくてしょうがないんだから。いままで搾取、搾取、搾取されて。それを治そうしているだけだから。治したらお湯もまた出るから。

軽く見すぎていることには怒りすら覚える。それは命を大事にしてほしいし、自然を大事にするために落ち着くまで待ってあげてほしい。人間だけで生きているわけではない。動植物もそうだし。ほかのところも危ないところもあるが、なってみないと人間はわからないんだということが分かった。

富士山は刺激しないでほしい。一度動きだしたら止まらないから、コノハナは(※コノハナサクヤヒメを呼び捨てにしてしまいました)。命に関わることなので、友達には伝えてほしい。動く動かないは勝手だけど、伝えることはしてほしい。

東京湾の下のマグマは動いているから。かなり活発です。

―東京で地鳴りのツイッターが上がっている。相模湾の地下で大きな地震があったし。

富士山が噴火するって何年かに一回はブームがある。それでみんなが騒ぐからそうならないようにするのが大変なんだよ。日本沈没の映画も。日本が半分に割れたいの(かな?)って。マグマで守らなかったらバラバラになりますよ。バラバラなものが繋がっているのが日本列島なんだから。火山列島なんだ。「噴火する(かも~)」っていう思いはやめてね。

―過去、箱根の噴火のほうが富士山より規模が大きいと言われている。外輪山の上にあった山が吹っ飛んでるわけだから。

箱根は自然の形で富士山より、ふたが開きやすいよ。

(2016年1月)

天皇の役割

Hirohito wartime(cropped)

天皇は人と天と地をつなぐ中人(なかびと)

―(「天皇陛下という存在」の内容について)天皇は火星から来たとか、宇宙から来たとかではないのか。

(天皇制という)システムは人が作ったもの。「(天皇という)存在がある」というのは「神世(かみよ)」が作ったもの。

―その神世はどこのこと?天とか宇宙はわかるような気がするけど、地球の中もかな?

天地(=天と地の両方)、だから中人(なかびと)なんだよ。

宇宙から来たものが伝えもするし、地球から来たものが伝えもする。それを伝えながら、人々の中人になって伝えるのが役割。それしか天皇の役割はない。

だから上を敬い、下を敬い、声を聴いて、自分を敬い、自分が指針となり、見せる。それ以上でもそれ以下でもない。それができるのは天皇という血筋しかない。

ところが今の天皇はそれができない。やっていないことがある。ある程度のことはできるけど、全部を受け取れていないから、伝えられていない。

(なぜなら)天皇になる儀式(=大嘗祭)を壊した(からだ)。だからできない。壊したのは日本を怖がっているものだ。アメリカとかいう特定の国ではない。アメリカ以外の諸外国もある。

儀式はできなかったのではない。できたけれどしなかった。それは神との契約であって、地との契約なので、人の契約よりとても、とても、とても大事。人を守り、地球を守り、自然を守る。

―儀式ができなかったのは誰かが邪魔したの?

邪魔があっても、本人に「やる」という気概があればできたし、邪魔するものに天罰が下るはずだった。

―昭和天皇は、大嘗祭は戦前だったからちゃんとできていたんだね。

昭和天皇は宇宙人に近い人だった。私は天皇になっているんです、と言った人だ。それは強いものだ。天皇は人と天と地をつなぐ中人(なかびと)だから。それであるんだ、それしかないんだと。

(このようなことなど)知らないことがどんどん噴出してきているというのはすごいでしょ。

次の天皇になる皇太子はもう少しづつ勉強している。いろんな者に会ってもいる。壊された儀式は新しくする。システムは新しくするが、契約は変わらず遂行されないといけない。

―そこのところは私たちにできることはないから、見ているしかないね。

いや、できる。祈ればいい、どうやったら天皇が働きやすい状況になるかを考えることはできるでしょ。祈りはとても重要。

本当は神人(かみびと)にならなければいけないのに、人神(ひとがみ)なんだ。代々の天皇はそれをやっていた。ダメだったら、天皇家が続いてない。天皇の中にはアルビノ(色素のない白い人)がいたね。一人か二人。

愛子様と、〇〇が二人で一つ。人が変わらなければならないときに先に変化が来るのも天皇家。男や女ではなく。新しい形。それを見せることで、世の中が変わってくる。

―次の話題は火星の続きかな。金星、ほかの星とか。もう今までの常識が通用しないね。

それはあなたが経験した常識なのか、刷り込まれた常識なのかは見ていかないと。歴史も敗れた側から見た方が面白い。

―空の星を見て、何かわかることがあるのかな?

宇宙空間は見えないだけで、窒素もあるし、風もある。地球の風とは違うけど。分子の大きなものもあるし、たんぱく質もある。

人間が捨てたゴミもあるが、隕石についていたタンパク質がゴミについたりしているかもしれない。なんで問題にしないのか。宇宙ゴミは大変なことになっているのに!

―金星まで話がいかなかったね(笑)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

神様とは?

神様とは?

神様は、どんな姿なのだろう。形のあるものとして捉えないと存在を信じられないのかも知れない。だからキリストやブッダのような人間の姿の方が信じやすいのだろう。(2015年7月)

―人は見たいものしか見ない。UFOを見ても、本当は怖くて見れないので、あとから「私は見ていなかった」とみんな思ってしまうようだね。

人は見たいものしか見ないし、聞きたいことしか聞かない。

神様は自分を「(私は)神だ!」とは言わないっていうのは、神だと言うと、それで特定されてしまう(=固定されてしまう)。姿かたちが。

夢で見た時とかも、その人(=見ている人)がもっている印象を投影して、その人を脅かさないように、一番大事なことを全部教えるのではなく、伝えているのだから、神だという必要がない。

その人が神だと思えばそれでもいいし、守っている人だと思えば(=思ってくれれば)それでもいい。先祖さんだと思うかもしれない。伝えている本人(=神)はどうでもいい。

でも重要なことを伝えたいから伝えているだけであって、それが何か(=何者か)を知ろうと知るまいと存在自体は変わらない。その人がどうやったら自分自身を見つけ出せるかどうかなんだ。すごくきれいで神様チックで神々しくて、神様だよ、って言っているのは裏ではムジナだったりする() 神様じゃないから「神様だ」って言うんだ。

―ところでこの会、ブログのタイトルを考えているんだけども・・・

「地球民」ってどう?地球の民の語り話。太古の昔から蓄積されたお話や経験値をお勉強しているし、地球の中だからみんな同じ民だよね。役割とか、力とか形態が違うだけで。地球の民の語りとか。「たみ」とか。

―某H出版社の本だけは買っちゃいけないって思ったんだけど、また買っちゃった。誰々さんは地球を守っているリーダーで、アセンションは、とか、救われるにはとか、非常に古いパターンの内容で腹が立つくらいだった、もう絶対に買わないよ!

救われるのに一番の近道って教えてあげようか?「人を救えばいい」

―確かに。

一人でも救えば救われるよ。真の意味でね。

―それは、すべては繋がっているし、一つだからね。あなたを救うことは私を救うことだから。

そう。そして救うということは決して立場が上でも下でもない。その人ができないことを自分ができるから、それを駆使して、適材適所でやった時に助けることができる。完璧に助けることができれば、アセンションでも何でもできるんじゃないの。ただし、私は完璧に助けている人物を見たことがない。手助けならあるけど。

―完璧に助けてしまうと、その人の経験にならないからね。

―今、ここで話していることが将来的に本になるかもの話だけど。本当に世に出る必要があれば出ることになるよね。

本当に世の中の人が見たいと思えば、今それがものとして表れて妥当かどうかが判断基準となるけど。人間は欲しいの、欲しいのって言っても、いざそれが出てくると受け入れなかったりするから。裏腹すぎるからね。

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

天皇陛下という存在

どうして私たち日本人にだけ、天皇陛下や天皇制という制度が存在しているのだろう?このテーマは、何気ない質問から場の空気が変わったことではじまり、天皇陛下の「有り難み」を考えるきっかけとなった。右翼であるとか、左翼であるとか、そうした思想がまったく入り込めない、人間の理を超えた世界があることを感じさせられる。(2014年11月)

(ある話の流れから)逆に知識は持っていない。これは器(うつわ)である。

―天皇陛下は器ではないのかな。普段は何のメッセージも発してない。依代(よりしろ)になっているわけではない。

あなたはその御方々がそこにあるときに、何も言葉を発しないときに、何も言っていないと思われる?(ここで非常に厳しいテンションでの口調となる)

―何かの情報は発しているということ?

そのものが入って来たときに空気が変わるというときがある。

―(たしかに「われわれさん」も)そのたびに空気を変えている。天皇陛下ぐらいになると、日本の空気、地球の空気を変えているかもしれないな。

依代(よりしろ)ではない!そこにあるべき、あるもの、あるからあるものではなくて、あるべきあるもの。

―それがあることによって、存在足らしめられているものが大きいということか?

変わるのではなくて、変わらないものがあるということは大きいと思うけど。

変わりえないものだ。

―そこに変わりえないものがあるということで維持できているものがある。僕らは当たり前だと思っているけれど。ずっと存在しているもの。ここで、天皇というシステムがなくなったらどうなるか、畏れ多いことを言っているが。

システムは人が作ったもの。存在があるというのは神代(かみよ)が作ったもの。理(ことわり)が違う!

ゆえに孤独をよく知っている御方だし、喜びもよく知っている御方だ!

―では、人間の理を超えてるんだ。

超えていなければ、真実は見えないでしょ。

―そういう物が存在しているという、あらためて思うとすごいとしか言えない。言語能力がないから「すごい」としか言えない。

言語ではないから。だから同じような思いをもっている方々がその前に立った時にわかるんだ。

文字通り、「わかる」んだ。目の前に来たとき。言葉ではないもの。

―だから、マッカーサーがわかったのかな。

そうだね。そして、畏れた。

―わかったら、畏れるというのはわかる。

だから彼ほど、(アメリカと日本の)板挟みになった者もいないでしょう。

―で、天皇制は存続したんだ。

いや、壊せなかったんだ。

形は変わっていくけど壊せないことはある。す壊さないの理を超えているものがある。

―制度やシステムが壊れても、全く壊れない世界、というものがあるということか。

なぜ、体制が変わらずに今まで続いているのか。それを見ていないものも含めて何かが行われているという感覚、観念は失われていない。これは広がるものだから。

―凄い話でちょっと寒くなってきた。なんかお参り行ったみたい(一同、笑、空気が変わる)。

だから天皇さんは一分一秒、噛みしめるんだよ。今にしか存在しえないから。

 

音と言霊

「鬼」というと何か怖くて悪い者のイメージがあるが、「音」をたどってみると、少しイメージが変わってくる。日本語は異なる漢字でも音が同じであると、共通点があったり、言霊にも通じることがわかってくる。(2015年6月)

御皇城山(おみじんやま)の「おみじん(竹ノ内文書に登場する重要な場所)」は「おにじん」だ。「おにじん」は日本人の祖の祖。日本人はもともと鬼だから。 

(一方、)天とか天子とか天皇、「天」がつくのは「あま」だから。天之日矛とか。矛は守る、攻撃するとか。これは外から来たものだ。(朝鮮半島から?) 

(日本人は)みんな鬼の子孫だからね。鬼という響きはいい響きと悪い響きとあるじゃない?「おに」というのは怖いものではなくて「隠(おん)」、隠すのがうまいもの。

「おんりょう」(漢字は不明)といったら、行動を隠しながらする人、忍者ではなく。「隠」とはもともと隠されていた力とか、隠されたものとかの意味だ。 

「隠」のものたちは、それぞれ特質によって名前が分かれていた。スサノオの「す」という字、素の人の本質の部分に伝える力、素、魑魅(すだま)の「す」。素直の素。

アマテラスの「アマ」は「天」という字。天(アマ)は「みつめる」とか、「ひろがる」とか。司る人、要するに神の声を聞いて伝える人だ。

 「素」は素直、素になるということ。

―どんな役目の人なの? 

その人の素直さを出す人。

―祓いをするときにも「スッ」って払う。

それは元に正すこと。元に戻す、素になるため。ゆがんでいたら、病気、気が病む。病んだところを祓う、開く。「すっ」ていうのは開くんだ。

スサノオとか、スセリヒメ(スサノオの娘、オオナムチ=大国主の妻)とか上に「ス」が付くものはそういう能力がある。祓い、守り、攻撃ではない。

―でも 祓って壊れちゃうのもある。

それは相手が弱いんだ。

―音の感じとイメージがあうのが面白いね。そこが日本語の凄いところ。

「ことたま」と「ことだま」とある。

「おとたま」は、「スッ」とか、「フッ」とか、力を入れると「ハッ!」とか。止めるときは「んっ」とか、「おん」とか低い音だし、これが「おとたま」と言われるもの。

いろんな音が合わさったものが「ことのは」。昔は濁ってなかった。濁点が付くのはそこに止めるというもの。ピンでとめるような。

(このことを知っていれば)知っていれば自分たちでも使える。人に頼む言葉やお礼を言うときにつかえる。おとたまを知っていれば、ことのはが知らないうちにきれいになる。

 ―言っている言葉だけでなく、言葉に乗るものがきちんとあり、神につながると思えば汚い言葉はつかえないね。

神は結びだからね。

「ふっ」は下に広がる。「腑に落とす」は下がるでしょ。上がる音、下がる音、そこにとどまる音を自分で見つけると面白い。 いろんな音がこの世界にある。

―その感覚を忘れてしまっているので思い出さなければ。

好きな音、好ましくない音があるはず。周波数だと思うけど、見つけてみると面白いかもしれないね。

御嶽山の噴火

2014年の9月に御嶽山が噴火し、登山者の多数の犠牲者が出た。活火山の噴火というとらえ方だけはでなく、古くから信仰の対象とされてきた山の噴火である、という視点をもつきっかけにならないだろうか。(2014年10月)

御嶽山の噴火(2014年9月)は、東北大震災の津波のときぐらい衝撃的だった、今日はそこからはじめましょう。自然からの警告だと思うし。「噴火の煙の中に怒りの顔の自然神がいた」と言っていたよね。

あそこが噴火したら、そこで暮らしていた動植物がすべて死ぬわけだから、(そのものたちが)それ(=噴火)をイエスと言わないかぎり噴火できない。富士山はなんとか抑えたけどね。

人の危機管理能力と、感謝の思いが薄れてきたと思う。

逆に言うと、(天災を)ちゃんと怖がらない。怖がることは悪いことではない。その時に自分が、何であるのか、何ができるか、何ができないのか、その時に動けるのかをちゃんと分析しながらいること。その中で何も起こらなければ、感謝など自分の部分で動けばいいのだか、(天災が)起きてからも起きてないときも、ただ嫌だ、嫌だ、怖い、怖い、あっちへ行こう、こっちへ行こう、と言う人が増えてきたと思う。神経質に、病的に。他者のせいにする、物のせい、見えないもののせいにするのが増えてきた。

まだ、10代や20代のほうが感謝の思いがあるように見受けられる。

妙な怖がり方をしている、集団的な。自分がどうなのかというのではなく。そこで何を学べるかだ。なぜその時間、そこに行って、その状況で経験をするのか、だから。

―とてもソフトな言い方をしていると思うけど・・・。

ソフトに言わなければだめだと思ったから。こういう時は優しい言葉の方が私はいいと思った。その場(=噴火)にいた人の血縁の方を配慮したい。その人たちが知りたいと思ったときに初めて伝えられる。それまでは行動でしか伝えることができない。