地鎮祭が行われていないことへの懸念

地鎮祭については、下の過去記事をまとめたページも参照いただきたい。あらためて地鎮祭、土地神について考える機会としたい。

 

地球民のお話会

ここのページでは土地神、地鎮祭の大切さについてのメッセージの記事をまとめています。…

 

塩土老翁

 

それに、シオツチ(シオツチノオジ)も動いている。

――シオツチの神様はちょっと落ち着いてほしいんですよ。笑い出しちゃったら、もう危ないって前に言ってたから。

今は落ち着いているよ。ニコニコはしているけど…。

――そのぐらいにしておいて下さい。高笑いされると、何が起きるかわからない。

そうだね。だから、(シオツチを)笑わせないことだ。

 

関連記事

6月(2022年)の中旬から日本各地で地震が頻発するようになっているが、この理由は塩土の神(別称 塩竈明神、塩土老翁など)が動き出しているためだという。この海の神を祀るのが鹽竈神社(宮城県塩竈市)である。 塩土の神[…]

 

――それは、楽しく面白く笑うのではなくて、プッツン来た笑いがダメなので。で、国常立の神様が関わって下さっているのは、ちょっと嬉しいな。地球民だもんね。

彼らは、アクティブだからね。

優しいと、思うよ。はっきりしているけど。わがままだし。

――ダメなものはダメって言うしね。

そう、(神様は)ダメなものは、何の理由があってもダメだ。

ただし、良いものは良いんだ。

 

地鎮祭が行われていない

 

あとはね…。

気になるのは、人たちが暮らしている中で、

地鎮祭があまり行われてない。

 

とても皆、気にしている。

守りにくい、または、入りにくい。

――要するに、そういうエネルギーの方たちと繋がりがうまくいってないってことね?

人と、土地の、神様と…。

――それって私は諦めてなくて、全然そういうこと(地鎮祭など)がダメな人たちがいるものの、以前よりは神社が大事とか、そういうことが大事とか、自然が大事ということに気が付く人たちがなんとなく、増えていると思うの。

だからこそ、建ってしまっているいろいろなもの(建物)、もともと建つ時にやっていなかったもの(地鎮祭)思いを馳せてほしいな、とは思うんだ。

 

未来は変えられる

 

――2025年の7月(=巨大津波、巨大地震などがあると噂される)って、まだ変えられるよって感じでしょ。

――急にどうしたの?(笑)

(未来を)変えたいならば。

――もう本当に情報統制がひどくなり…。

あなた自身が、ルールになればいい。

――もうそれしかないね。

そしてそれが一番シンプルで、自分自身動きやすい。自分で決められるから。

自分の体調を見ながら、在る場所に行ったらここだけは咳が酷くなる。

そこの場所の空気感、湿度、大気、外気、そういうものが合わさっている可能性があるので、自分で・・・体験する。

それは変えられるということだ。

 

そしてその時に、もしそれが土地に関係するのであれば、土地神に伝えることだ。

健康でいたいし、咳が出るときつい、もしくは熱が出るときつい、だから手助けをしてほしい(と)

なぜなら地鎮祭やいろいろなものをやらない限り、ず~~~っと(土地の)力が下がってしまう。

(続く)