CATEGORY

歴史・政治

  • 2024年5月8日

スイスの不思議と十二支族

永世中立国であり、世界の製薬業界を牛耳り、欧州にありながらNATOに加盟せず、世界中の超富裕層の財産を預かる銀行が存在する国がスイスである。支配層とともに、巫女のような能 […]

  • 2024年4月26日

自民党の裏金問題の雑談

2024年、年が明けてから、日本の政治は裏金問題で大きく混乱している。パーティー券での収入を収支報告書に記載せず、裏金化(=所属議員に還流)したとされるが、おそらく問題は […]

  • 2024年3月15日

続報のない田中角栄邸全焼のニュースを巡って

1月(2024年)は痛ましい地震や事故が相次いだため、ほとんど一瞬で消えたニュースがある。「線香の消し忘れ」だけで、文化財ともなっている大邸宅(旧田中角栄邸)が全焼、そし […]

  • 2024年3月13日

常識も変わるーCERNは次元変換の研究

前回の記事「陰謀論・日本古代史への関心、スイスの動き」で登場したスイスという国だが、考えてみると不思議な国である。アルプス山脈に囲まれた永世中立国というクリーンなイメージ […]

  • 2024年3月8日

紛争と大地の怒り

現在の人間の所業への怒りは、見えざる者、大地のエネルギー存在も含めて、沸点に達していると言えるだろう。それが世界の各地で起こる天変地異と関係がないとはもう言い切れないので […]

  • 2024年3月1日

中国・ロシア・アメリカの国際情勢と日本

祈りの力   ――甘粛省だったっけ。結構ひどい地震。(2023年12月23日M6.2) それと悪い「念」が溜まりすぎて、念が土の下に潜れなくなると、地震が強くな […]

  • 2023年12月22日

やむことのない戦争―宗教戦争と大統領選挙

前回のテーマ「戦争の本質ー武器の在庫処分という側面」の続き。ウクライナ紛争は、宗教(ロシア正教会とウクライナ正教会)対立の要素もあると言われているし、すでに悪のプーチン、 […]

  • 2023年12月18日

戦争の本質ー武器の在庫処分という側面

2023年の10月末に始まったイスラエル軍によるガザ侵攻は、国際的な批判を無視して行われている。イスラエルが暴走するように映るが、即時停戦の決議案に拒否権を発動させた米国 […]

  • 2023年11月3日

縄文というリーダーの要らない「高度」な文明

適材適所の時代   ――遺跡や砂漠ばかり残した文明より、自然だけを残した文明の方が高度だったという見方もできる。エジプトの文明が栄えていた頃、日本はまだ縄文時代 […]

  • 2023年10月30日

よそから来た日本人と、増えるUFOの目撃

世界中で戦争、紛争が続き、大義を振りかざし合う国際情勢を見るにつけ、終末論も荒唐無稽の話ではないと思える。何が起こっても不思議ではない空気感の中で、UFOや宇宙人のあから […]

  • 2023年10月18日

正義とは?善意とは?ー大切なのは命

イスラエルのハマスへの報復としてガザ地区への空爆が繰り返されている(2023年10月)。空爆を正当化できるイスラエルの正義があるのだろう。コロナの自粛期間中にはマスクをし […]

  • 2023年7月8日

プーチン、ウクライナという領土を巡る動き

紛争が始まり1年半が経過し、一向に収まる気配のないウクライナであるが、昨年(2022年)時点の、プーチンやこの紛争に関するメッセージを振り返っておきたい。記事の最後に「キ […]

  • 2023年7月6日

分散される地震、そして国内の不穏な動き

地震はゆっくりと分散されており、震度がたとえ小さくてもそれに慣れてはいけない。また、日本にはスパイがすでに来ているし、売国奴となる政治家もいるというメッセージ。 &nbs […]