正義とは?善意とは?大切なのは命

コロナの自粛期間中には、マスクをしない人を注意するような「マスク警察」「自粛警察」と呼ばれる人たちが現れた。「正義の名において」「自分こそが正義」として「善意」で行っているが、果たしてどうだろう。ウクライナ侵攻でも、正義を振りかざして主張する人々を垣間見るようになった。

 

〇〇の名において…

 

――Qアノンの影響で反ワクチンの人たちが何か妨害活動をしたとニュースになっていた。ワクチン接種によって本当に困った、と声を上げてる人たちが、それと一緒くたにされるのはとんでもないね。

「○○の名において」ということは気を付けて見ておいた方がいい。

決してその人がいい悪いではないからね、その人は無知なだけ。

 

ウクライナ紛争における正義とは

 

――プーチンさんも自分を正義だと思ってるんですか?

プーチンさんは正義と思ってないよ。

怖がっているだけ。自分が殺される恐怖。自国民なんかどうだっていいんだから。 

――私が今、聞きたいのは、ゼレンスキー大統領って不思議でしょうがないんですよ。なんであんな演説ばっかりしてるんだか…。

あれも正義ではないよ。(演説によって)人の心を魅了するっていうことがわかっている。自分たちの力(=ウクライナの軍事力)は少ないから、人の心を魅了して、囲い込んでる。

支持を得ているから、それで成功してるから。まあ、出来レースだけどね。

あの人だってさんざん他国の人を惨殺しているからね。誰も言わないけど。

――ウクライナの中のネオナチと呼ばれる人たち?(※極右団体であるアゾフ大隊が代表的で、これまで東部のロシア系住民への攻撃を行っていたという)

そうそう。ネオナチだけではない。あのね、どっちも正義じゃないの。

一番大事なのは、もう死者が出ないことだし、子供たちが泣かないことだし、一番弱い人たちが今、生命を奪われているわけ。

だからUFOだって見えるように出てるよ。止めるように警告を発してるよ。(動画か写真で)ちゃんと撮れてるはずだよ。向こうの人は見てると思うよ。

もう、どっちがどうではないの、やらないでってこと。命を奪わないでってこと。そして命を守る人たちの命を奪わないで。だって人道の道すら攻撃するっておかしいでしょ。 

 

裏の交渉は終了している

 

――おかしいのはみんなわかってるけれど、なんか長引きそうな嫌な予感。

ある部分は終わってるんだよ。もう裏の交渉は終わってるから。

だけど、どうしても腹の虫がおさまらないの、プーチンが。どうしても首都を狙いたいわけ。

(2022年4月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

特集テーマ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング