意識すること

―時間は有限だね。

一日を生き切るって難しいことだ。

―主婦は寝る前にあれもやらなきゃ、これも終わらなかったって思うよね(笑)

向こう(=あの世)に行った記憶がある身としてひとつ言っておこう(笑) 死ぬ前にはそんな小さいことを考えないよ。もっと大きいことを考える。走馬灯っていうでしょ。(普段は)本当に気になることを考えないためにどうでもいいことを思い浮かべる。普段は思い出さないけれど、走馬灯の中には出てくる。

―死ぬ間際にしか、そういう大事なことは出てこないんですか?

いいや、意識を意識するんだよ。普段は息を吸うことすら意識していないけれど、息をすると思うと難しい。その意識というのが違うんだよ。無意識の領域に人間は入り込むことができる。無意識と仮定しているのも人間だから。無意識をぐっと上げてきたときに意識になる。でも意識はそれを意識しないとわからない。

―20年くらい前に自分の胸の奥で小さな声で問いかけに答えるように「地球を救う」って浮かんできた。その時はそんなこと考えもしていないときで大丈夫か私?って思ったんだけれど、今こんな会をしているってことは…。あれは私の無意識だったのかな?

無意識を意識化したものを認めるっていうのは難しい。訓練はしておくべきだね。

―ふと思った「地球を救う」というのが無意識から出てきていたからこの会を5年も続けているなら、その会に5年も参加している皆さんもね、気が付いてほしいよね(笑)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

自分が変わる

―2017年は怒涛だということでみなさんもザワザワするとか、ドキドキするとか言っていたけれど、小さなことを積み重ねるしかないと思う。大きなことではなく。

前半期と後半期はまるっきり違うと言っておく。それを感知していくには今の訓練をしていくことが大事。自分を自覚すると物事を捉えやすくなる。違和感を感じると思うのでその違和感を追及してほしい。

どんな事柄でも自分たちを成長させる事柄だと思えばいい。考えることをやめないこと。その時は濁ったり怒ったりすると思うけれども、これは自分のものなのか、そうじゃないのか、流すべきなのか、形を変えるべきなのかが見えてくると思う。そうしたらそれに従えばいい。自分でやっていくと自分が発信源になるから周りに自然に移っていく。

―この会も続けていくしかない(笑) のですが、こうやってそれぞれが周りに伝染させていくしかない。

こういうことを自分が意識すると周りの行動がおもしろいんだ。普段意識していなかったことを意識すると、おもいっきり普通に見えること、当たり前すぎることを「え、当たり前だと思っていたんだ」という認識になる。そうすると自分が発信源、当たり前を作ることができる。この当たり前でほんとに満足してた? ってことだよ。

人間は絶対に人から(は)変えられないが、自分が意識を変わると他人は一秒で変わる。だって、周りは反応するからその反応が変わる。それぞれがゆっくりでいいから実体験してほしい。

自分が惹かれる場所、モノもよく見ておくといい。どんな系統に惹かれるのか。それとは全く正反対のところに行ってみると面白いかもしれない。それでやっぱりダメだと戻ればなぜだめかがわかる。当たり前だと自分が思っていることを認識する、意識するというのはなかなか難しい。

認識したとして、相手には期待しない。自分がやりたいからやる。やりたくないからやらない。この世界の仕組みはとてもシンプルだから。

―前回、「期待は人にしない、自分にするの!」ってピシャって言ってたね(笑)まあ、期待したくなるけど、なかなかね、だから諦めることも重要ね(笑)

それを使いたいかどうかだね。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

マイクロチップ

北欧のスウェーデンでマイクロチップの体内への埋め込みが進んでいるというニュースがあった。これがどういった作用を及ぼすのか、計り知れない怖さがある。(2017年1月)

―「継ぐのは誰か?」(小松左京著 角川文庫)の話。現代のような全てインターネットなどで繋がった世界になり、そのサイバー空間に意識を入れて操作できる人類の亜種ができたという話がある。数十年昔の小説。ことたま、おとたま、思いに力が乗るということだと、もうすぐそこにそういうことが起きるかもしれない。

もうできる世の中だ。ただ怖いのはそれに対抗するようにチップを体内に入れて操作することができるようになっている。

―スパイ小説なんかでそういう話を読んだことがある。チップを入れることで位置がわかるとか。携帯電話のチップを身体に埋め込んだような使い方ができる。

身体にチップを入れると、(入れられた当の人間は)自分の力と勘違いする。脳が肥大する。電磁波だから身体に影響がある。脳が肥大するというのは良くなったように見えるけれど、短命になったり、痴呆になったりする。膨大な量を使うのだから。治験も始まっている。データを取りたいようだ。地域性、国民性、など。これから義手や義足をつけたような人は発展していく。

テレビも変わってくる。時計も変わってくる。携帯など。そういうことが進んでくると人としての感覚が鈍ってくる。

言霊、音霊、の感覚の訓練(が大切)。これから言葉を発信するとき、音を奏でる時、行動するときに、「それが愛であるならばどう発信するだろう」と考えてほしい。愛であるならば、言うのか言わないのか、とか。それを意識的にやってほしい。

考えながらやるのではなく、感じながらやる。愛であるならば感じることは人それぞれが違うかもしれない。ある人には愛だけど、違う人にはそうでないかもしれない。

―それをした時の相手の反応も重要な気がする。

自分でそれを自覚しながら話していくと、それが移っていくんだ。周りもいいことを発信していくようになる。そして厳しいことを言っていても中に愛があれば丸くなるんだ。ただ流れに任されていくのと、そこに一つ自覚するのとでは違う。自分たちの周りがどうなるのか、ならなくても自分がこんな気持ちになったとかを実体験をしてほしい。

苦手な人にどんどん使ってほしい。できればね(笑)相手が居心地悪くなるんだよ(笑)人を知らないうちに手助けできるかもしれない。特に若い人たちや子供たちとか。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

これからの戦争のカタチ

戦争っていうのは目で見える殺し合いだと思うけれど、もっと恐ろしいのは情報操作、情報抹殺。だからすでに起こっているんだ。中東でやっているような爆撃して、という戦争はもう古いんだ。

―通信衛星一つ落とせば、すべて止まってしまうと言われている。

情報を握ってこそ動ける、という部署の権力者を抹殺すればいいだけじゃない。簡単なことよ。戦うというレベルというのではない。

なぜ、機械工学がなくならないのか。日本でもそういう知識人が集められる都市があるのか。おかしいでしょ。あそこは天才的なもの(才能)を持った人たちでないと住めないからね。表向きには研究しているからと出入りは自由にできない。あそこに集めていることが問題だ。あそこに集められているのは子供だったりする。『AKIRA』(超能力者AKIRAを主人公としてSFアニメ)みたいな世界だよ。子供たちがどういう行動をしているのか。

アキラたちは超能力で戦うのだけれど、それをサイバー攻撃に置き換えればいい。今、一つ何かを壊せばすべて止めてしまうようなことができる。

(とある)CMで「これがなければすべてできません」みたいなのがあって、いいのかな、こんなCM流してって思った。例えばビルのセキュリティーひとつ抑えてしまえば、出られないし、要塞にもなる。

―最近ときどき変電所が燃えたりするが、あれだってテロかもしれない。テロだって言えないのかも。今、戦争は爆弾を作ればいいってものではなくなっている。軍需産業は使い道、売り先がなくなっちゃう。だからどこかで戦争するのかな。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

トランプ大統領

トランプ大統領が当選したばかりの2017年、年初にした質問である。(2017年1月)

―2017年がどうなるかな。

怒涛ですよ。怒涛。 

―トランプさんはどう?(トランプ大統領が2016年11月に当選)

あれはできレースでわかってたことだ。戦争は始まらないけれどね。でもサイバー戦争は始まってる。

―どこと?

ロシアとタイと中国と。アメリカの中でも州も。

でも、しょせんトランプさんはハリボテだよ。裏にサイバーに長けているのがいる。それがフィクサーだよ。あまり人間にとってよろしくない者だ。

できレースだということ。トランプという名前が出てきたときから私はこの人がなるよって言ってたよ。これはできレースだから惑わされないでって周りに言ってきた。その後にちょっと若めの人が出てくるはずだからって。大統領としてではなくて最初は補佐だろう。

―副大統領?

ただ、補佐に見えて、誰も注目しない人が成るだろう誰も注目しない人が動かすだろうね。見えてこないけれどもIT関係のさる有名な人物。

ヒラリーさんはやり過ぎて怒らせたんだ。旦那も。あれでヒラリーさんが(大統領に)なっていたら暗殺計画でしょうね。リンカーンの時と似ているから。

―トランプこそ暗殺されるのではと言われていたよね。

トランプは暗殺されないよ。傀儡(かいらい)でハリボテだから。そういう噂(暗殺されるのでは)を流しておかないと。暗殺されるというのは彼に対してヘイトがあるから。あれも誘導なんだけど、それを本気にしてしまう人もいるから怖いけどね。

日本にとってはトランプは慌てなければそんなに悪い話ではないよ。単純で、かっかしやすいし、表面の利益を見る人だから。大阪商人みたい。大阪商人がわけのわからない権力持ってしまった(笑)いや、交渉術はうまいんだ。エジプトの交渉術と大阪商人の交渉術はうまいんだから。

安倍さんもそうだけど、感覚が合うのは麻生さん。

―ああ、合いそうだ(笑)だから今度の首脳会談に麻生さんも行くんだ。

ただ軍事的な部分では抑止力になるんだ。国民のヘイトを扱うようになるんだろうね。安倍さんも麻生さんもそうなんだけれど秘密裏に…。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

「地球」という枠で考える

海や大気や土壌の汚染問題、天然資源の枯渇など、われわれの抱える課題は山積みであるが、そろそろ「地球」という枠組みで考えるべきであり、国家、人種、宗教間の小さな争いをしている場合ではないことも認識したい。(2016年12月)

―人気のある星って考え方はとても視野が広がった。これまでは国単位で考えていたけれど。星で見るって初めてだ。小さなところで争ってるのではなくて、地球は本当になんとかしたいよね。

3回目だからな。(※地球の人類、文明が滅びてまた始まった回数)

―もう4回目が近いのかな。

4回目はない。今度はもうやり直しはない。

―ある人も、もう次は地球でやり直しはないといっている。今までは地球でやり直しをしていたけれど、違う星へ行くって。

もう地球という星はなくなる。同じことの繰り返し。でもその中でも違ってきたものもある。それぞれがそれぞれに目覚めてきたわけではなくて、感覚が違うんだなっていうのをそれぞれのお勉強で見つけてきた。

―すみませんが、この会は今回、この地球がだめにならないために始めたので。地球を救おうと思ってやっているので、私は関係ないって顔しないでね(笑)私たちには地球しかないんで。

「思い」がいかに場を作って、みんなに分散できるのかってことだよ。

―こういう話を普通の人とはしにくいな。

たとえ話をしながら、どう思う?って話せば、そうすると聞いてくれるんだと思った瞬間に、人は他の人に話すときにこういう事柄を無意識でも意識的にでも話すことができる。

―今だって決しておかしな話をしているのではなく、結構真っ当な話をしていると思うんですよ。だから話をするとき、何か文章を書くときに少しづつ出していただければと思う。

知りたいものがいい、わかるものがわかればいい。

―地球がだめになるかもれないという…。

ギリギリのところ。だけれども、大逆転を狙ってますから。決してあきらめない。地球は自然も根本的な人の意識も、とても美しい星なんだ。驚くことに人は人のために自分をすべて投げ出すことのできる種族なんだ。生き方とか、男、女、関係なく。その質の中で。とてもすごいことなんだけれど、気づいていないんだ。それはギリギリにならないと気づかないんだ。例えば地震がありましたとか。それで対岸の火事じゃないってわかり、意識が変わった。そして情報がいかに危ういものかも知ることができた。 

だから、中は(=人の中)強く、とても美しいんだ。それは純粋にあればいいし、守りたいし、守ってほしいし。それは願いだから。でも期待はしない。

―やはり、そういうギリギリだという予感はしますね。深刻な。

とても深刻な。地球だって悩んでます。地球だって生き物だから。だって地球にとっては地球のすべてが自分の子供と一緒だから。その子供の人類が争いあって、子供たちを笑顔にできないでいる。でも地球はありのまま愛している。

われわれは人間だけという意識ではなく、地球として見ているから地球は何を望み、どうしたいのか、その手助けがどうできるのか。だから人間にとってはマイナスに見えることかもしれないし、プラスに見えるかもしれない、でもそこに重きを置いていない。

―来年に向けて厳しいお言葉ですね。そこをなんとか。

われわれが言いたいのは、堂々と自分の力を信じて生き抜けばいいじゃないってこと。守られているんだから。それを自ら信じ抜いていけばいいじゃない。役に立ちたいなら役に立てばいいじゃない。ただ、ひとりではない。愛ってそういうものでしょ。ただそこにあるだけ。それを人が見て愛情と見たり、形を変えて見たりするだけでしょ。

―来年どうなるっていうのは聞かないほうがいいかもしれない。

それぞれが成りたい自分になればいい。今、うみだし(=膿出し、生み出し)が始まって、芽吹き、行動、新しい出発になるはずだから。

―それをどういう自分で見ていくかだね。

成すものが成すからね。共同作業というかたちで神社も仏閣もそれぞれの事柄も見ていけばいいんじゃない。自分はどう生かされているのか、生かしているのか。

―目に見えるものだけではない、それが大きくなるよと。

もう大きくなっている。

―それを話ができる場所が作りたかったのでよかった。

みんなが集まれてよかった。それぞれがほかの人に誰か一人でもいいから、何かを知りたかったら、知りたい人に知らせればいい。来年の課題としてね。また、2倍教わるし、冷静にもなれる。

―そういうことでこの会も続いていきますね。来年もよろしく!

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

言葉の念と、足るを知ること

火星人というトンデモ話からスタートしているが、真面目な内容である。(2016年12月)

―(火星から地球に来ている)火星の連中が裏でそういう(他人のものを必要以上に奪うこと)のを好きでやってるんじゃないみたいなことを言ってたようだけど。要するに火星から来た人たちが暴力的だしって。

何を選択するのかという自由意思があるのは人間だからね。まさにそこなんだよ。念とか思いとかは人が思うよりももっと強い。だから人は言葉で傷つくの。そして言葉で救われるの。それは念の力でしょ。そして自分の中に持っているものでしょ。

―ああ、なるほど。私なんか嫌なこと言われると3日くらい気分がマイナスになる。

それは、自分の中にもあるから引っかかるんだよ。それを引っかかるように言うのが言葉でしょ。エネルギーなんだ。エネルギーがボンときて、エネルギーの受容体がここ(胸のあたりを指して)にあるんだ。

でも、選択もできるんだから、傷つかないって選択することもできるんだ。だって、美人にブスって言っても全然感じない(笑)よくわかるでしょ(笑)自分は美人だって思っているからブスって言われても受容体がないんだ。

―なんてわかりやすい(笑)

言葉でぐっと来た時に、何の受容体があるんだろうって考えたほうがそれをスルッと流せることができるし、自分自身も学ぶことができる。言われたことによって。そしたら力になる。嫌な言葉でもなんでも、自分が変わっちゃった方が早いよって。

(戦争など国際間で)争っている人たちは至極真面目に争っているけれど、ちょっと違うところから見れば、あれっ?てなるのに。でもそれを今だに続けているってこと。そして権力を持つとそういうことが強くなるかな。

―持てば持つほど失いたくないって思うしね。

失いたくないという思いっていうのは余計なものを持っちゃったってこと。持つという認識っていうのは持ってしかるべきものを持てばそんなことは思わない。

一番わかりやすいのは、生まれた時からのすごいお金持ちと、ちょっとした小金持ち。大金持ちはなくなる心配はしない、みんなにあげてもお金がなくなる心配はしないし、なくなるとも思っていない。小金持ちはなくなるからこうしましょ、ああしましょって思うんだよ。そういうことなんだよ。これは認識の違いなんだ。何をもって足りると思うかだ。

「足るを知る」ってことは根本的なものだよ。何を持って足るとなるのかは自分自身の中で今までの生き方にもよるからね。もともと持ってないと思うのか、たくさん持っていると思うのかだよ。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

日本とロシア 能力者について

ロシアには、超能力者を集めて養成する機関があるようだ。(2016年12月)

―ときどき、あなたは鬼なのかって思うようなことがあるよ。

え、鬼みたいに優しくないよ。鬼は仏の変化(へんげ)だよ。私には罪悪感がなくて、基本、善悪がないからね。ここで(=人間の世界で)私も学んでいる。

―みなさん、誰の話を聞いているのか、よく気をつけてね(笑) では、小さい子にこれはやっちゃだめよって教えているようなことから学んでもらわないとね(笑)

―ところで、ロシアは能力者(※超能力者など)を集めるようなことをやっている。日本は全然ないのかな?

あるよ。でも日本は人道的だよ。親から切り離したりではなく、ちゃんと同意してもらっている。

―もしかすると神社とかお寺とかがそういう役割をもっていたかもしれないね。

どうやったら人が生きやすいかっていう研究もしている。日本人は家族を引き離すっていうのは好きではない。家族は同意の上で一緒に連れてくる。あまりにも力が強い時は特別の扱いをして気をつけるようにさせる。ロシアは誘拐しちゃうからね。ものとしてしか見てない。軍事大国だから。

―なんだかねえ、もうそろそろ人類も違う段階に行きたいよねえ、

だから、膿(うみ)出しがはじまっているんじゃないか。膿を持っているのはだあれ、よく考えてってこと。

―それはひとりひとりも持っている。

もちろん。 ただしそれがでかくなるのか、それをコントロールしてお互いに認め合いながらやるのかは違うでしょ。

―そのあたりが日本人は長けているかもしれないね。

だから形代(かたしろ)になれるんだ。そこでしょ。すごい違いでしょ。そういう部分ではまだちゃんと機能しているんですよ。忘れられているだけで。隠れ里もあるし、能力者の村もあるって言ってるでしょ。

―でもそれは特殊な人たちだけではなくて、ひとりひとりも持っているでしょ。

もちろん。ひとりひとりは昔は隔離されていたけど、今は出たいと思ったら出られるしね。

―こうやってこういう変わった人たちの話も聞けるしね(笑)要するに、違ってもいいわけだよね。それで学ぶことがあったらいい。

お互いに違っているからこそ、その違いを学びの糧にできるじゃない。私はこう違っているから学んできたことがあって、これ知ってる?それは知らないから教えてとお互いに教え合うことができる。それでいい。怖がることも攻撃することも、無視することもナンセンスだ。それを日本人は気づき始めた。

―日本人はよく頑張っているよね。

そう、以前から言っているけれど、君たちが私を呼んだんだからね。そうじゃなきゃ、めんどくせ~よ。それにここはそんなに人気がある星ではない。美しい星ではあるけれど、なんでそんなに攻撃的なのって。

―人類はレベルが低いからね。

うん、低いね。いいじゃない、適材適所でって。他の星へ行くと障碍者はひとりもいないよ。人型であれば、目が見えないとか、足が不自由な人はいるけれど、適材適所で堂々と胸を張って満面の笑みで働くことができるんだ。それはその人しかできないんだ。でもそういうことを(地球は)やっているかって言えば違うよね。なぜ、そんなに自分の容器量以上のものを取ろうとするのかな。

―どうして人類はそうならないのかなと思う。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

天皇家の話

天皇についての話であるが、真偽のほどは私たちでは確認のしようもない。ただ、天皇制が単なる制度ではないことが伝わってくると思うので、以下の過去の記事も参照いただきたい。

天皇陛下という存在

天皇の役割

―天皇家の話で。天皇の爵位が変わるっていうのは本当なの?

(私は天皇家の)中に入って変えてみようかと思ったんだけれど。天皇家には天皇家の血筋のいろんな経験値を持った者がいる。宮内庁とかではない。天皇は神人(かみびと)って言われたでしょ。この者たちと協議して決める。

(天皇家に関わる人は)みんな知った顔だって言ってたよね。どんな神様たち?

みんな童神(わらしがみ)だよ。(子どもの姿をしているからといって)ごまかされるなっていうの。その年齢で見るな、と。童だとしても3000年生きているかもしれないし、20歳ぐらいに見えてもまだ子供かもしれない。

―それって人じゃないでしょ。私たちには見えないから大丈夫だ(笑)

いいや。依代(よりしろ)媒体の人間だと思うよ。身体はね。

―古い神社の祭事とかには物忌み(ものいみ)といって子供を依代にしたりする。

子供でも、身体に障害があったり、アルビノで色素が薄いとか。そういう子供を昔は依代に使っていた。そして天皇家にもいるわけですよ。天皇家は近しいところで婚姻をしたりしてきたから血筋が濃くなってしまっていたから、そういう子供が生まれやすかった時代がある。そういう子供は幽閉されて(神様の)依代媒体にされている。

―しつこいようだけれど、どういう神様? 私たちが知っているような○○神とかではないの?

名前を付けたかったらどうぞ。童子(わらし)は童子であって、そこに降ろす神によってコトノハが違う。コトノハを使うのは天皇さんなんだ。その独特の言い回しのコトノハがあるんだ。天皇さんには昔から入らずの森みたいなものがあって天皇しか入れない。

―皇居の中ですか?

どこかは言えない。今もあるから。そこに童子がいる。

―仮に天皇に…。生まれてたとするとですね…。どうしたかったんですか?―そんな恐ろしいこと(恐れ多いこと)よく言えるよね(笑)

機能を変えたかったんだ。子供たち、例えば能力者の子供たちを育てるやり方を変えたかった。そういう機関を作りたかった。

―それは、昔なら天皇の権限はあったかもしれないけれど、現在はそういうことは天皇にはできないじゃない。だったら総理大臣の方がよかったんじゃないの(笑)

だから、裏事で動くんだよ。天皇ではなく、天皇家に生まれるんだよ。めんどくさいじゃない、表(おもて)は(笑)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

形代(かたしろ)

―政治の仕組みをそろそろ変えられないものかな?

崩壊しつつあるじゃない。

―韓国のニュースを見ていて(このときは、朴槿恵大統領の事件)日本とすごく違うと思った。日本は天皇とか、神社とか政治がどう変わっても揺らがないものがあるのに、韓国や中国はそれがなくなったら…という基盤がない。王族もない。中国は文化大革命でお寺や宗教を壊してしまったし、政権が変わったらもう何もないし。っていうか、日本がおかしいのかな?

違うよ。おかしくないよ。(韓国も中国も)昔は日本に似ていたんだよ。

―私が言いたいのは、皇室がこれだけ長く(2500年)続いている国はないってこと。

それはなぜか、日本は形代(かたしろ)だから。いいものも悪いものも一番早く来る。世界の形代です。

―よく言われるよね、日本は世界のひな型とか。日本が良くなったら世界が良くなるかも。

だからそろそろそれぞれに正直に言ってもいいんじゃないかな。何をそんなに恐れてるのかな。恐怖とか、恐れるという事柄をインプットされちゃったのかな。どこにされちゃったのかなってこと。深く考えよう。

―何を正直に言うの?

自分の言いたいことをだよ。

―あまり言うべきことではないなって思っても言うとか?

なぜ言うべきことではないと自分で思うかだよ。人ではなくて、人にそれを求めるのではなくて、自分がなぜそこに至っているのか。

―社会を円滑に回していくための最低限のルールとしてというのもある。それは疑問を持たないけれど、あれっおかしいって思うことはある。

それを追及するべきだよね。人がどう思うかではなく。なぜ自分はそこに至ったのかと。

―以前直感が大事だって言ってたね。

思っているように見えても、思わされているってことはとても多いように見える。

小さい声でも自分に問うてみることが大事。人じゃなくて。自分と会話することが大事。決して一人ではないから。それは人間もともと持っている信仰心も含めていろいろな経験値も。それは宗教ではないから。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング