新しい時代の戦争(2)

新しい時代の戦争(1)の続き

ロシアのプーチンさんは「世界の均衡を保つために一線を超えてはいけないよ」って止めていた方なんだ。

逆に中国とかアメリカが(一線を越えることを)押していたんだ。中国は武器商人が多いからね。それを使っていた者がいるんだ。ここにきてその一線を越えてきている者が出てきた。プーチンさんが、お前たちこうする手段はあるけれどどうする? でも一線を超えちゃまずいんじゃないの? とうまく調整をしているんだ。だから日本人が思っている以上に一発触発の危機回避を今までしてきている。かなりあったし今もあるよ。

―私たち(日本人)が知らなかっただけでってことだ。でも今までボーっとしていた私たちまでなんだか危ないと思うようなところまで来ているってことだね。

末端まで来た、ということは、もともと知っている人たちはもっと慌てているわけだ。

―そういう状況の中、私たちに、何かできることはないかと思っているけど。

「祈り」はすべてを変える。動機も含めて。動機を設定するには行動するしかない。日々日頃、小さい人(=子ども)たちの教育や養育をしていったらいい。若い人たちの力はすごいエネルギーだから。若い人たちは知りたがっているし、知る要素がたくさん世の中にある。正しいものも間違っているものも。だからそれだけではないんだよ、ということと、たくさんありすぎるからどの道具を使っていいのかわからなくなっている。根本はシンプルなのよということが(子どもたちに)伝えられるのではないかな?

―そのシンプルなものって?

人間が人間になるための(こと)。人に対してありがとうと言われるとうれしい、だからやる、自分が動くと早い、だからやる。その根本的なことだ。

―人の嫌がることをしないとか、命を大事にするとか…。

そう。なぜ命を大事にするの? なぜ生きなきゃいけないの? なぜ殺してはいけないの? という質問が若い人からある。

なぜ殺してはいけないか、自分の手が血に染まった時に二度と拭(ぬぐ)えないものがある、ということが一つ、あなたは今それを堂々と質問しているけれど、あなた自身がもしその立場になったらということを考えていない、ということを伝えていったほうがいい。伝えている人たちもいるんだよ。でも、経験をした人たち(=大人たち?)はもっと複雑なんじゃないか、もっとこういう風にやらなければならないんじゃないかという方へ行きがちなんだ。知っている人たちは託すのを怖がる。教えはするよ、託すと言葉では言うよ。でも大丈夫? できる? ちょっと手伝ってあげようかってね。

―要するに相手を信じて任せきれない。

「信じ抜く」ということをずっとやってきたはずだ、ここでは。

―できるかどうかはわからないけど。信じ抜く、それしかないよって。

それしかないよではなく、それがあるよだ。物の伝え方は響きがあるから気をつけたほうがいい。否定語ではなく肯定語をなるべく使ったほうがいい。「これがある」って。

自分自身を信じ抜いているときに初めて自分以外の者に託せる。だから難しい。でもシンプルさでいえば、それが一番シンプルなんだ。意識をほんの少し入れるだけ。意識をしているかしていないかでは確実に差がある。そして日本人ができることだ。

―「日本人が」ってずっと言っているね。日本人にできることだ、日本人がカギを握っているって。

何回でも何十回でも言う。そして確実に良い方向へ変わってきている。こういう会ができるということも、(聞く)耳を持つ人が出てきた。若い人もそれ相応の年齢の人もね。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

新しい時代の戦争(1)

金正男の暗殺(2017年2月13日)や、米中が数年うちに戦争をするのではという予測がシンクタンクでいわれていたり、とかなり騒がしい状況(2017年1月、2月)になっている。戦争がミサイルを打ち合う形から、経済戦争やサイバー戦争へと変化しているようだ。(2017年2月)

戦争はもう始まっている。目に見える戦争ではなくて、サイバー戦争は始まっている。その中でもタブーにまで入ってきているかなってところ。

これをやってはいけない、確実にダメになる、関係ない人たちがとんでもない目に合う、そういうところまで来ている。戦争にも大義名分はあるが、そこを離脱するものたちが現れ始めた。テロではなくてね。

―金正男の暗殺で、中国のメンツがつぶされたと今度はかなり激怒しているようで、北朝鮮からの石炭の輸入も本当に止めた。そして在韓米軍の司令官がもう対北朝鮮と始めそうな勢いだという憶測もある中、中国は国益を守るためにどうするというような論評が出ているとネットにあったよ。

―日本のテレビは誰がどうしたという話ばかりだけど、もっと周りを見ないと怖い。国際情勢は動いていて、でも戦争だけは嫌だよねってさっき話していたんだ。

戦争はイヤだけれど、すでに起こっているという認識はしたほうがいいね。

―ちょっと待ってね、サイバー戦争はもう起きていて、経済戦争ももう起きている、そして?

それと難民戦争もね。

―それは今、私たちが想定していたアジアでの中国とアメリカ、もしくは北朝鮮というのとはちょっと違うの? ヨーロッパのことだよね?

どこにでも首を突っ込みたい者たちはいる。武器商人も。そして人も武器になる。考えたくないけれどね。そして、ずっと「ロシア」って言っていたでしょ、プーチンさんはそこの部分では「世界の均衡を保つために一線を超えてはいけないよ」って止めていた方なんだ。

(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

天皇陛下の譲位(2)

天皇陛下の譲位(1)の続き

―天皇陛下が神事をすべてできていないから良くないっていう話があるけれど…。

できないのではなく、させてもらっていないんだ。

神事が半分もできていない。体力的なことではなく、GHQのせいもある。昭和天皇が辛うじてできていたことより少ない。美智子様は巫女(みこ)さんでしょ。だから疲れるんだ。 

―以前、声が出なくなったりしたね。

いろんな裏を見てしまったんでしょ。天皇さんの裏は結構血なまぐさい。姫巫女もいるし、男巫女もいる。成長しないから童子(わらし)だ。そういう特徴を持っている人種だ。見た目が成長していないように見えるだけ。

戦争に負けてから、そういう天皇家のことを知られないように籠の鳥にされてしまった。でも昭和天皇は頭の言い方だから、昭和記念公園にパズルを解けるようなものを残しているよ。わかる者にはわかるように。

―昭和記念公園は面白いものがあるって前に言っていたよね。

あそこは能力者が行ったらおもしろいよ(笑) 誰でも感じるようにもなってるから。行って謎解きもおもしろいかもしれない。昭和天皇が民草が幸せだといいね、といろいろ置いてくれてる。わかるといいなと。

自然の木々や植物などの気がここは濃くて、こっちは薄いとかある。子供には無意識にでも感じられる。遊具や木々に太陽の当たる位置、陰、も計算されているよ。でも、謎を解かなければならない。遊具のところに行くとよくわかるよ。

行ってみて自分の感覚を信じられるかを確かめられる。

―きっと「???」で終わるかもしれないし、みんな同じ感覚になるとは限らないよね。

私はすごく楽しいと言っているけれど、悪趣味っていう人や、怖いっていう人、わからないっていう人もいるだろう。昭和天皇は戦後、民草と同じ、それより質素なものしか口にしなかった。全て自分の責任だと思っていたんだ。

計画停電の時、皇居は停電がなくても同じように電気を消させていたんだ。

―大嘗祭や天皇の即位式の話になり、一度死んでから(=仮死状態)天皇になる、という話があった。

―あと数年で大嘗祭が行われるだろう。そして、自然もどうなるか、日本の外も騒がしいし。

外が騒がしかろうがどうだろうが、ひとつことを揺らがず、覚悟して、見せてやっているということが(天皇の)すごいことだ。私たち一人一人も含めてできる。それを代表で天皇が見せて下さっている。代表として見せてくれているということは私たちもできるということだ。やるという意識をもつこと。意識を意識化するということが大事なんだ。信じるということは難しいし、人が人を理解をするということはできないからね。

―新しい天皇も今の天皇と同じように平和を維持するようになるのか。

見て感じて今自分がどう見られているのか、見せるのか、伝えるのか、伝えきれないものもあるということもわかる、そういう勉強も始めている。

―人が変わっても天皇というものは変わらない。そういう力は持たされるというか、存在する。

なんで弱いものを助けるという意識がなくて、自分の方を膨らましてやるのかわからない。少しのものでも分ければ分けられる。今のいい年のおじさんたちはわかっていない。子供に胸を張って堂々と言えますかってこと。

―時代が大きく変わるのを目の当たりにしているのかもね。

丙の大酉だからね。丙は変わる。燃え上がるからね。 

―核のボタンを大統領が持つけれど大丈夫なのか、押しちゃったりしないかな。 

必ずもう一人いて一緒に押さないと動かないから、大丈夫。(具体的に言っているが省略。)トランプ大統領は傀儡だからバカです。何も考えてません。後ろに動かしている人がいるから。ブッシュパパもバカだったけど、最後に何か言おうとしたから病院にぶち込まれてしまったよ。

傀儡は最後にバカになって終わるでしょう。時期はまだでしょうね。(トランプ大統領には)最後に身内ではない若い人が出てくるから見ているといいよ。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

天皇陛下の譲位(1)

天皇陛下は2019年の4月で務めを終えられることになった。この質問のときは2017年の年明けで、譲位になるかもしれない、という話から始まる。平成から次の時代、そして経済戦争の始まった激動の世界で、重く受け止めたい内容である。(2017年1月)

―あと2年で天皇が変わるという話についてはどうでしょう。

遅いくらいじゃないか。天皇陛下と下のものの意見は違うんだ。天皇はいろんなところに行ったり祈ったりすることは続けたいと言っている。人とのつながりは持っていたい。天皇であらせられた時は行かれなかったところに行くことができる。

(今の天皇陛下は)常に常に自分ではなかった。それを汲んで理解する人が昭和の時代は多かったけれど、今は利己的になって、派閥を作って政治的に利用している人がくっついていることが多すぎる。意図しない方向へ向かいそうになっている。

有識者会議天皇の公務の負担軽減等に関する有識者会議だって天皇陛下の意思は入らない。天皇陛下はわれわれのこと、民草(たみぐさ)のことを考えている。日本人の心があるでしょ、大事にしなければならないことがあるでしょ、と腹に据えかねたことがあったので、あのお言葉平成28年8月8日「象徴としてのお務めについての天皇陛下のおことば」になったんだ。

本当に天皇陛下は想っている。普通の思うではなく下に心が入る「想い」だ。そこまで自分を律してできるという部分を下のものたちは隠す。あのお言葉だってもう少し長かったんだ。    

(ここで政治の話になり、安倍総理について、など。)

これからは政治のトップの判断の仕方が変わらざるを得なくなる。若い人や子供たちの命が危険に晒されることは避けなければならない。それを見ているから天皇はあのお言葉になったんだ。

―天皇陛下は予知能力があるのかな?

あるよ。予知能力じゃなくて神さんから伝えられる能力。お前がしっかりしないから!と天皇さんは(神さまから)叱られているんだ。天皇さんは心の底からそれを受けているから行けなかったところに行きたいわけ。違う動きがしたいんだ。それでも人に会う時には、あのように申し訳ないとか、恐れ多いけれどへり下った姿になる。天皇陛下のその想いに応えるには(私たちは)どうしたらいいかだ。

(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

人気のなくなった星、地球(2)

人気のなくなった星、地球(1)の続き

―やはりそっちなのか。どこか地球が危ないんだと洗脳されているような気がするときがある。そうだといいけど。

選ぶのは自由だけれど、よく周りを見て。海は荒れて、地球はどうなっている? 子供たちは? 

―ネットによると、北極海で異音がして生物がみんないなくなった、とあった。今日私たちがこれを選んだら少し、たとえ1ミリでも違う方へ行くというのがあると良いな。

今すでに違っているんじゃないかい。

―だからこの会を続けるしかないってことだ。

どんな形にしても必要のないものはひとつもないから。経験、見ることも。だからさっき話した訓練をしてほしい。それによってとらえるものも動き方も思いも違ってくるから。子供たちはすでにやっている。ただ気をつけてほしいのは悪とか正義とかそういう言葉に惑わされないでほしい。それぞれの正義とか悪とかがあるから。

―それは自分の良心に判断を委ねるしかないんじゃない?

自分自身を信じ抜くことが大事。それが一番シンプルで、一番丈夫で、一番使える。信じるんじゃない、「信じ抜く」んだ。変わらない、揺らがない、もうやることはひとつだから。

―誰が?

みんなが。われわれも含めて。

―道は遠いかもしれないけどそれしかないってことね。

案外近いかもしれない。そして始まっているかもしれないよ、そして要かもしれない。

―だってこんなに普通の人たちが集まってこんなことをやっているようになったし。

日本人は意思疎通の波動というか、気というか、それが一致しやすいし伝わりやすい。だから大きくなりやすい。

―だから日本が形代(かたしろ)だっていうんだね。

外国でいろんなことが起こるけれど、それが日本でも起こるということを気をつけなければならない。そして日本で起こる小さなことが大きいことになって諸外国に行く。だから(日本は)責任があるということ。

まあ、二分化し始めたからね。何も考えないで流される人と。何も考えないで流されている人は人に対して愚痴を言ったり攻撃をしたり相手を変えようとするから、それを見たらほんのちょっと距離を取ったほうがいい。その人たちは単に無知で恐れているだけだ。でもそういう人たちに関わっている暇はないよ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

人気のなくなった星、地球(1)

この地球という星は人気がないんだ。最初は人気があったんだ。(文明の?)実験場で。第二の地球になった時には少し人気がなくなって、第三の地球になった時には全く人気がなくなったんだ。

よく考えてみてよ、一日24時間しかないのに、(今の人間たちは)ああじゃねえこうじゃねえって自分の感情に翻弄されているんだよ。そして人から感情ももらって、めんどくさいと思わない? 自分の感情も持て余してるし、自分の持っている感情に人がどう思うかを反応したりとかね。複雑にしすぎている。この世界はシンプルなんだ。 

―もっと言うと人同士殺しあったり、人の物を盗ったり。レベル低いし、幼稚だし。

アボリジニ(オーストラリアの先住民族)の人たちが地球からもう去っちゃったじゃない。

―え、やっぱり(アボリジニが)消えたのは次元移動をしたんだ!

殺されたりもしたけれど。アボリジニこそがいろいろな叡智を知っていたんだ。そして地球のサイクル、輪の中に入っていたんだ。死も生も恐れないし、動物も食べます、動物にも食べられますって。でもそういう人たちが怖いから(入植者?西洋人?が)迫害した。だから消えてなくなったんだ。

―そうしたら、マヤ文明とかも消えたって言われているよね。

ある部分は分散されたり奴隷にされたり殺されたりしたけれど、王族などは次元移動したりした。ある部分は地下へ行った。

―今の人類がどうしょうもないね、という状況になった時に、次元移動する人と…、そうではない人がいるのかな?

だから後がないよって言ったでしょ。次元移動だなんだっていうのはアボリジニが去った時に終わったんだ。あれがチャンスだったんだ。地球は母なる大地。地球のサイクルに従っている人たちを尊重しながらできるかどうかの最後のチャンスだったんだ。

―もうチャンスがないから、私たちは地球を救っていくしかない。

だってあなたたちが追いやったんでしょ。あなたたちの意識が彼らを追いやったんでしょ。彼らはここ(=地球)が汚れ切ってしまったからいられなくなった。でもまだいろんな道が残されているけど。

―この前、それでも大逆転があるって言っていた。私たちは逆転満塁ホームランを打たなきゃならない。

打つのは人類。われわれが審判かな。だからいろいろなところで見られているよ。(人類を?)残すのか残さないのか。感情はないよ。ジャッジしかないよ。

(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

意識すること

―時間は有限だね。

一日を生き切るって難しいことだ。

―主婦は寝る前にあれもやらなきゃ、これも終わらなかったって思うよね(笑)

向こう(=あの世)に行った記憶がある身としてひとつ言っておこう(笑) 死ぬ前にはそんな小さいことを考えないよ。もっと大きいことを考える。走馬灯っていうでしょ。(普段は)本当に気になることを考えないためにどうでもいいことを思い浮かべる。普段は思い出さないけれど、走馬灯の中には出てくる。

―死ぬ間際にしか、そういう大事なことは出てこないんですか?

いいや、意識を意識するんだよ。普段は息を吸うことすら意識していないけれど、息をすると思うと難しい。その意識というのが違うんだよ。無意識の領域に人間は入り込むことができる。無意識と仮定しているのも人間だから。無意識をぐっと上げてきたときに意識になる。でも意識はそれを意識しないとわからない。

―20年くらい前に自分の胸の奥で小さな声で問いかけに答えるように「地球を救う」って浮かんできた。その時はそんなこと考えもしていないときで大丈夫か私?って思ったんだけれど、今こんな会をしているってことは…。あれは私の無意識だったのかな?

無意識を意識化したものを認めるっていうのは難しい。訓練はしておくべきだね。

―ふと思った「地球を救う」というのが無意識から出てきていたからこの会を5年も続けているなら、その会に5年も参加している皆さんもね、気が付いてほしいよね(笑)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

自分が変わる

―2017年は怒涛だということでみなさんもザワザワするとか、ドキドキするとか言っていたけれど、小さなことを積み重ねるしかないと思う。大きなことではなく。

前半期と後半期はまるっきり違うと言っておく。それを感知していくには今の訓練をしていくことが大事。自分を自覚すると物事を捉えやすくなる。違和感を感じると思うのでその違和感を追及してほしい。

どんな事柄でも自分たちを成長させる事柄だと思えばいい。考えることをやめないこと。その時は濁ったり怒ったりすると思うけれども、これは自分のものなのか、そうじゃないのか、流すべきなのか、形を変えるべきなのかが見えてくると思う。そうしたらそれに従えばいい。自分でやっていくと自分が発信源になるから周りに自然に移っていく。

―この会も続けていくしかない(笑) のですが、こうやってそれぞれが周りに伝染させていくしかない。

こういうことを自分が意識すると周りの行動がおもしろいんだ。普段意識していなかったことを意識すると、おもいっきり普通に見えること、当たり前すぎることを「え、当たり前だと思っていたんだ」という認識になる。そうすると自分が発信源、当たり前を作ることができる。この当たり前でほんとに満足してた? ってことだよ。

人間は絶対に人から(は)変えられないが、自分が意識を変わると他人は一秒で変わる。だって、周りは反応するからその反応が変わる。それぞれがゆっくりでいいから実体験してほしい。

自分が惹かれる場所、モノもよく見ておくといい。どんな系統に惹かれるのか。それとは全く正反対のところに行ってみると面白いかもしれない。それでやっぱりダメだと戻ればなぜだめかがわかる。当たり前だと自分が思っていることを認識する、意識するというのはなかなか難しい。

認識したとして、相手には期待しない。自分がやりたいからやる。やりたくないからやらない。この世界の仕組みはとてもシンプルだから。

―前回、「期待は人にしない、自分にするの!」ってピシャって言ってたね(笑)まあ、期待したくなるけど、なかなかね、だから諦めることも重要ね(笑)

それを使いたいかどうかだね。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

マイクロチップ

北欧のスウェーデンでマイクロチップの体内への埋め込みが進んでいるというニュースがあった。これがどういった作用を及ぼすのか、計り知れない怖さがある。(2017年1月)

―「継ぐのは誰か?」(小松左京著 角川文庫)の話。現代のような全てインターネットなどで繋がった世界になり、そのサイバー空間に意識を入れて操作できる人類の亜種ができたという話がある。数十年昔の小説。ことたま、おとたま、思いに力が乗るということだと、もうすぐそこにそういうことが起きるかもしれない。

もうできる世の中だ。ただ怖いのはそれに対抗するようにチップを体内に入れて操作することができるようになっている。

―スパイ小説なんかでそういう話を読んだことがある。チップを入れることで位置がわかるとか。携帯電話のチップを身体に埋め込んだような使い方ができる。

身体にチップを入れると、(入れられた当の人間は)自分の力と勘違いする。脳が肥大する。電磁波だから身体に影響がある。脳が肥大するというのは良くなったように見えるけれど、短命になったり、痴呆になったりする。膨大な量を使うのだから。治験も始まっている。データを取りたいようだ。地域性、国民性、など。これから義手や義足をつけたような人は発展していく。

テレビも変わってくる。時計も変わってくる。携帯など。そういうことが進んでくると人としての感覚が鈍ってくる。

言霊、音霊、の感覚の訓練(が大切)。これから言葉を発信するとき、音を奏でる時、行動するときに、「それが愛であるならばどう発信するだろう」と考えてほしい。愛であるならば、言うのか言わないのか、とか。それを意識的にやってほしい。

考えながらやるのではなく、感じながらやる。愛であるならば感じることは人それぞれが違うかもしれない。ある人には愛だけど、違う人にはそうでないかもしれない。

―それをした時の相手の反応も重要な気がする。

自分でそれを自覚しながら話していくと、それが移っていくんだ。周りもいいことを発信していくようになる。そして厳しいことを言っていても中に愛があれば丸くなるんだ。ただ流れに任されていくのと、そこに一つ自覚するのとでは違う。自分たちの周りがどうなるのか、ならなくても自分がこんな気持ちになったとかを実体験をしてほしい。

苦手な人にどんどん使ってほしい。できればね(笑)相手が居心地悪くなるんだよ(笑)人を知らないうちに手助けできるかもしれない。特に若い人たちや子供たちとか。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

これからの戦争のカタチ

戦争っていうのは目で見える殺し合いだと思うけれど、もっと恐ろしいのは情報操作、情報抹殺。だからすでに起こっているんだ。中東でやっているような爆撃して、という戦争はもう古いんだ。

―通信衛星一つ落とせば、すべて止まってしまうと言われている。

情報を握ってこそ動ける、という部署の権力者を抹殺すればいいだけじゃない。簡単なことよ。戦うというレベルというのではない。

なぜ、機械工学がなくならないのか。日本でもそういう知識人が集められる都市があるのか。おかしいでしょ。あそこは天才的なもの(才能)を持った人たちでないと住めないからね。表向きには研究しているからと出入りは自由にできない。あそこに集めていることが問題だ。あそこに集められているのは子供だったりする。『AKIRA』(超能力者AKIRAを主人公としてSFアニメ)みたいな世界だよ。子供たちがどういう行動をしているのか。

アキラたちは超能力で戦うのだけれど、それをサイバー攻撃に置き換えればいい。今、一つ何かを壊せばすべて止めてしまうようなことができる。

(とある)CMで「これがなければすべてできません」みたいなのがあって、いいのかな、こんなCM流してって思った。例えばビルのセキュリティーひとつ抑えてしまえば、出られないし、要塞にもなる。

―最近ときどき変電所が燃えたりするが、あれだってテロかもしれない。テロだって言えないのかも。今、戦争は爆弾を作ればいいってものではなくなっている。軍需産業は使い道、売り先がなくなっちゃう。だからどこかで戦争するのかな。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング