英王室とダイアナ妃、人類ではない(?)存在のトンデモ話

今回の内容は、人間ではない王族の存在など、都市伝説のような際どい内容もある。真偽の検証もできないので、判断はお任せしたい。ただ、私たちが人を見た目から判断する「何か違う」といった感覚は強ち間違っていないように思う。

チャールズ国王とキャサリン妃の病

 

――以前に、(支配者層は)違うワクチン注射を打ってるって言ってたよね、その注射も副反応のせいか、DS(ディープステート)のトップは亡くなるし、80歳で…。

だって、いらないじゃない。

――イギリス王室のおふたりのガンも。ワクチンの副反応?

え~、あれは副反応というよりも、いろんな思いもあって、道は一つなのに違う感覚ってあるじゃない?

弟ともそうだし(弟との軋轢)

 

日本で言うと皇室。だけど、向こうの感覚で言うと一番トップの大金持ちっていう感覚だから。

そこの部分のいろんな思い、それから、う~~んと、ズレたんだろうね。

(公に)見せる顔と、家族に見せる顔と…。

 

あとは、人間ではない人間の格好をしたおバカちゃん達に、今、人間風味の風邪が流行っているようで(笑)。

 

エリザベス女王は人間ではない?

 

――え? あの人たちって、人間に似た人間じゃない人たちだったわけ?

そう!

その遺伝子はあるでしょ。

――英王室たち?

うん、だってあれ、なんかの注射打つんじゃなかったかな。(王室に)入るのに。

――え! 王室に入るのに? マジですか。

だってエリザベス女王はもう人間じゃないじゃない。

何言ってるのよ。

――え!?

自分で死ぬ部分は決められるから、自分で病気になったじゃないの。

――え、そうなの。そういえばわりとコロッと亡くなったよね。何日か前まで元気だったのに。

ただ(生⇒死へ)移行しただけでしょ。

――もうさ、お願いだから印付けてよ、私は人間じゃないって(笑)。

眼を見ればわかる。

絶対的にわかるから!

――よく言われるよね、それってテレビで見てもわからないでしょ? 本物見ないとわからないかな。

来た時にでも、じっと目を見ていると、ふっと見せてくれるか、なんか変だぞと違和感を感じるか。

――私以前、この人本当に人間かなって思った人がいたことあるの。ビールを飲んでいたところで女の人なんだけれど、作られたような顔だったの、ちょっとびっくりしちゃった。

映画で流行ったアバターみたいな。

――そうそう、そういう感じ。

目が黒く見える人は危険

 

気をつけなきゃならないのは、目を見た時に真っ黒な目をした人のそばには寄らないほうがいい。

瞳が全部黒い。

爬虫類みたいに真っ黒なんだけど、線が入ってる。

金色とかの線が入っているのは大丈夫なんだけど、真っ暗な目はやめたほうがいい。

やっべ~~奴らだから。

――この人なんなんだろうって見ちゃいました。

気を付けなければならなのはそういう人を見かけた時に、自分が知っている(感じている)何となくというのを絶対に相手に知られないようにね。

――その時はお会計して出てきちゃいましたけど。普通じゃないなあって。

闊歩してるよ。いるよ。

どこにでもいる。

――だからさ、今度一緒に街を歩いて、居たら教えてもらいたいよ。ぜひやって(笑)。

写真には時々映ることがある、写真ってエグイよ~。

まあ、違うものだ、そういう種族だって見ているのがいいの。

でも何度も言うけど、真っ黒の眼は気を付けたほうがいい。

昔の実験で拡散した子供たちが、今大きくなっているわけだから、その子たちがいくつになっているかわからないけど。

気を付けたほうがいい。

――著名人でいますか? 政治家とか。

言わない!

――気を付ける、っていうのは危険人物なんですか?

危険人物。

(続く)