プーチンとエネルギー問題で繋がるアフリカの国

核の脅威があるという情報が一般の私たちの耳にも届くということは、抑止力になっているようだ。「そういう情報が早め早めに出てくるって言うことは、みんなが注目することによってできない状況になる。」という。また、下記の関連記事を見ると別の意味でも、核の心配はないようである。このロシアとウクライナとの紛争の落としどころは想像できないが、プーチン大統領が亡命となれば、具体的な国名は挙げられていないが、アフリカの国につながりがあるようだ。

関連記事

ウクライナの紛争が混沌とする中、ロシアからの核ミサイル使用の脅威も取り沙汰されるようになってきた。ただ核という究極の事態の場合、時間は逆戻りするという。私たちには、何も起こらなかったという現実しか残らないため検証のしようもないが、いずれにし[…]

 

エネルギー問題に注目

 

――(核の脅威は)やるぞやるぞ、と一般民衆が見ていると起きないね。

プーチンは自分が核を使った瞬間にどうなるのか、いろんなシミュレーションをしている。

――もう、彼もさすがに発狂でもしない限りしないよね。

発狂はしてるけどね。

しかも疑心暗鬼になってるから。 

 

関連記事

後半の続き(第2ページ)を更新(8月14日)。ロシアのウクライナ侵攻から半年近く経過するが、収束する様子はない。報道でなされるようなロシアの一方的な侵攻という見方ではなく、これまで両国間で起こった経緯も考慮すべきだろう。また戦争のウ[…]

 

――週刊誌にプーチンが亡命先をどうこうって出てたよ。

動物がいっぱいいるところ、アフリカ? プーチンと仲のいいアフリカ当たりのところを見ておいた方がいいよ。

裏で仲良くしているところがアフリカ系(の国)であるよ。

エネルギーの部分において仲いいところ。

そこはアメリカの言うことは聞きたくないわけ。

過去にアメリカに没収や植民地みたいなひどいことをされてきたところはいや(嫌米)なの。

エネルギー、天然ガスの情報をテレビだけでなく、見ておくと先に情報が入ってくるかもしれない。

まあ、日本はエネルギーについての情報を伝えるのが遅くてね、生きるためには電気もガスも必要じゃないねえ。

昔はかまどがあったからいいけど。今かまどを持ってないじゃない。それと同じ。

情報が変わってきてるから、エネルギー問題は見ていたほうがいいね。南アフリカもそうだしね。

(2022年9月)

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ