混沌の時代から、適材適所の新しい時代へ

混沌の時代の中で、新しい芽は出てきている。年功序列や、大企業就職への安定志向が崩れてきたことも一つだろう。コロナも仕事や人生スタイルを根本から考え直すきっかけになっている。

 

バーチャルをリアルに

 

――今、起業家が増えてきていますけど、これまではそんなことは考えもしなくて、大きいところに就職するという頭しかなかったのに、会社作ればいいんだってなってきた。

それはコロナで分断されて、どこでもパソコン一つで仕事ができるようになってそこからの発想でしょ、新しい発想だよね。

リアルとバーチャルの時代、会えない外国の人とも会話して、いろんなことを構築してバーチャルをリアルに持っていく。

コロナでバーチャルでも仕事ができるとなったところから、今度また、リアルで会うことも刺激になっていいことだというイメージもできてきた。

さてそれをどういう風にバーチャルからリアルに移すんですかってこと。

体力があって無鉄砲でいろんな発想のある若い人たちがやって、少し年齢のいった熟考できる人たちがアドバイスをして情報を発信していけばいい。

もうやっているところはやっているよ。

――その中で本当にいいものが出てきたらいいね。

――戦後のいろいろなことが壊れてきていてるから…。そうか、すごく面白いかもしれない。

でしょ。それが如実に、目で見える位置に来るわけです。 

――江戸から新しい時代になった明治時代みたいになるんですか?

ならない、ならない。楽しいこととか、面白い復権は出てくるかもしれないけど、平成と令和が融合したもの。

――もう、いついつの時代に似たものではなく全く新しいものにしないと。

全く新しいもの。

自由の時代と言われてきた時のそれぞれのエッセンスが混ざって新しいものになるんです。

 

適材適所へ

 

――極論を言わせてもらうと、そういう時代を作るには本当にひとりひとりが立ってないとできないよね。

立ってますから。

――いやいや、そうでない人(=依存する人、自分で考えない人)がいっぱいいそうです。

大丈夫、立つから。

それで、もう本当にやらなければいけないのだから(ちょっと怖い口調で)

――人口は増えなくてもいいですよね? 

増えていいよ~。

だってそれで、なんで今の時代に、その年齢でそこにいる(=生まれている)のかだから。 

――成長、成長っていうのか…。 

あのね、成長はしているのだけれど、思い込まされすぎている。

そして適材適所がいよいよ如実になってきている。それぞれの。

ITのできる人はやればいいし、できない人は他のことをすればいいよ。

(2022年9月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ