日本は雛形

日本人として生まれることは狭き門であるらしい。それは幸運でもある反面、世界の雛形(ひながた)として、地震、火山、台風や大雨の水害、津波などの天変地異にも遭いながら、どう生きるかを問われているとも言える。日本人としての自覚をもつべきという強いメッセージである。

(日本人として生まれる)テストに受かるのは難しい。だから(いつも)言ってる。ここに生まれてこられて、動ける、日本人、ヤマト民族でいるってことがどんなにすごいことか。

―超スーパーエリートなんだ、私たち(笑)。

そう、超スーパーエリートなんです。

ほんとにエリートなんです。

だから責任も強いんです。これから見せられることも多くなる。

例えばね、日本は雛形だから、日本に小さく地震があったり、水害があったりすると、外国にも起きる。外国は大きくなる。

日本にあったことはもれなく諸外国に行く。いろんな形を変えて。

普通でシンプルなことをいかに忘れているか、忘れさせられているか。飴と鞭で。日本人にとって飴と鞭は何が飴と鞭なのかな。10年単位でやられているわけだから(=洗脳というニュアンスもある)

それを見極めてこれは本当に必要なのかな?ってなった時に与えていた者は慌てるでしょ。

見極めるということ、選択するということ、そろそろ必要なんじゃないかな。

日本人として。

大和民族として。

「わこく」として。

忘れてほしいことを忘れさせられたことを。

本当に当たり前のこと。思いやりとか。

本当にシンプルだからこそ、みんなが考えなかった、当たり前に見えるもの。

当たり前すぎちゃってみんな考えなくなっちゃった。

便利な方に行くじゃない。でもなぜ不便なのかは考えないけど、でも最近みんな考え始めたじゃない。若い人も。

―なんかこのあたりの話になると、普通のことなんだけど、一番大切なことなんだね。(2020年1月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA