新興宗教と信仰について

記事の続き(第3頁)を更新(9月18日)。

昨今話題となっている新興宗教の話から。かなり辛辣なメッセージとなっているが、信仰すべてを否定しているわけではなく、自分の頭で考えることを放棄し、財産、人生観すべてを委ねる信仰に対してであると認識いただきたい。

 

依存して楽をしているのでは?

 

(新興宗教も)変わっていくと思うよ、なぜなら、古い新興宗教が叩かれ始めている。

――そこ、突っ込みたいことがたくさんありすぎて…。

 

――なんで安倍さん襲撃事件から一気に統一教会になったんでしょう?

安倍さんからではなくて、過去にもあったけれどうやむやになってた。

統一教会の他にも、いろいろな新興宗教があるけど、同じじゃないですか。言ってることは。

他が言ってることはダメよ、ここだけが真実よ、これを買ったらこうなるよって…(笑)。

 

ならないよ(笑)。

だから、それは自分の頭、自分の考えをそれに依存して、楽をしようとした結果でしょ。

 

――信じる側の問題ですね。

信じているのではなくて、楽をしたいからだ。

 

――信じている人たちは楽をしてるんだ! 

信じるのではなくて、楽をしているだけ。

なぜなら考えなくて済むから楽だと思ってるじゃない。

言われてることだけやればいいわけだから。

生きていることにはならないよね。

 

――生きてることにはならないんだ…。そういう視点でみればそうですね。 

その人の人生を鏡写しにしてやってるだけで、自分の人生を生きているわけではないじゃない。

選択をしたとしても。 

――その宗教を選んだということはあったとしても丸投げして言われることをしているんだ。

考えなくて済むから。

(続く)