裏に回った服(まつろ)わぬ存在

日本は呪術大国だという話から、再び裏天皇の話へ。参考記事も合わせれば多少の理解は進むかもしれないが、私たちにはほとんど伺い知ることができない世界である。

 

裏の存在との契約

 

――この前、裏の天皇の話をたくさんしていたんだけど…。

覚えてないけどね。

 

参考記事

後半の続き(第4ページ)を更新。このテーマでの最終頁とする(7月29日)。これまでファンタジーに聞こえるような宇宙人や地底人、霊界の話までしてきたこのお話会でも、唯一のタブーは裏天皇の話であった。私たちの知る天皇の他に、表には決して[…]

 

――まあ、そうだったね。表の天皇は見せる天皇で、裏に隠れた天皇が本物で、その方がいろんなことができる、と。

能力者じゃないと天皇になれない。

国津神の出雲が国を譲るからと言って…。

(まつ)れとは言ってないよ。

譲るけれども、裏に回るから、契約をしましょうって。

契約を守らないと大変よ、って呪をかけた。

 

――その呪はもう終わったの?

裏にちゃんといる。

本当に強い者は表に出ない。

表に出て、みんなが見て、やっている小劇場は、みんなが見て、みんなの判断でどうしましょうというのは、これも一つの呪術だよ。

みんなの意識だから。天皇は象徴でしょ。

――裏は向こう(=外国)から来た大国主なのかなー?

――出雲の大国主というのはわかりやすく言っているのであって、もうイスラエル、ユダヤの民は古代からたくさん日本に入ってきていて、諏訪もそうだろうし。

諏訪も面白いことになってるし…。

――だから後にいる天皇が一番力を持っていて、まつろわぬ民、ではなく、「まつろえぬ民」だって。支配できない民、なぜなら一番強いから。

力のあるものが継ぐという一子相伝、血ではなく。

――2000年以上続いているんだから、ちょっとやそっとのことではないよね。

そして言葉も違うし。

言葉は呪術の言霊(ことたま)だから。

 

時代の変革期

 

――この話が今、この会でこんなに繰り返し出てきて。タブーだったのに。

タブーがタブーじゃなくなる時期ってどんなことが起こるだろうね?

それは時代が変わる時だよね?

――時代は変わる、激動の時代だってずっと言ってるよね。

もう変わってきているけどね。

――江戸から明治になる明治維新ぐらいの激動の変化だってそれよりもっと大きいと言ってたけど、そんなもんじゃないかも。

(2022年7月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ