変革を起こすのは…

時代の「変革」というと、支配者や社会システムがガラリと変わるようなイメージがある。しかし、これからは一般市民の意識が変革され、支配層があたふたするという逆の現象が起こりそうである。

――(日本は、国、人、自然、天皇すべてのものがスライムのように、意思をもって何かに変容し、それぞれの形を取り始めるという)大変革の時期だといわれていたけど、それは今なんだ…。

だからこそ擦り寄ってくる者もいれば、まだ抑え込めるかなと思ってやっている者もいれば、遠目で見てどちらに付こうかと思っているものもいれば、如実だから。

――日本のスライムみたいなものが、形を変えていく。進化なのか、何かになろうとしている。それがある程度進めば、他の国の人類だって変わるよね。

日本は「要」だからね。鏡だし。

それから偶然は何一つない

だから今後、「外計」(参照「外計を見る」)を見ることだ。特に音、光、フッと聞こえる言の葉。その時に何を考えていたのか、なぜ外計が気になるのか、ヒントはいっぱい来ると思うよ。

――一人一人どう進むかという道筋だよね。

そう。そして見えざる者も含めてわくわくしながら、楽しみながら、ヒントちょうだいとか、チャンスちょうだいとか、どんどん言っていい。

ただし言われないと動かないし、動けない。その人の人生だから。

――誰かが何かしてくれるんではなくてね。

ここちょっとSOSとか、ここまでやったんだけどちょっと補助してくれないかとか、ヒントちょうだいとか、言えばいいだけだよ。

――何かが大きく変わる時というのは、今までは支配者が変わって社会の体系は変わるとか、そういう上からの変わり方じゃないですか。革命が起きるとかね。大きな変革を求めたい、何かが変わってほしいと思っても、誰かが変えてくれるという意識が今までの人類に強かった。でも今の話であれば、ひとりひとり、自分でどう変わっていくか、何をしていくかだね。

それぞれが変革者になる時代だよね。そしてそれが許される時代になった。

――それって、人類に今まであまりなかったことだよね?

ない。だからおもしろいんだ。

――なるほど。支配層が変わるんじゃなくて、自分たちが変わる。

だから支配する者たちは動きにくいだろうねえ~。

――支配者だって一人の人間だから、あなたたちはどう変わるのってことでしょ。

ていうか、変わりたくない人たちだから落ちていくだけなんですよ。古いから。

そして落ちてから「びえー」って泣きながら、変わらざるを得なくなる。

要は、バンザーイってやっておけば、日本人って残酷にはなれない。残酷になるには残酷になる要素が必要なんだ。日本人はできない。だけど日本人以外はできちゃうんだ。DNAが違う。

――ウイグル(中国による虐殺、拷問、監禁)とかのひどい話はとても信じられないもの。

だから逆にね、本当に膿が出ているってことですよ。いい意味で。目に映るから。

――じゃあ、日本がこんな状況で、国際情勢は緊迫しているっていうのは基本良い方向に行ってるの?

良い方向だから見えるんじゃないの。今まで見えてなかったものが見えるということは。

――例えば、ヨーロッパが中国に対してもう我慢ができないってなってきたよね。経済関係が強かったドイツももう離れてきたよね。それはそういうことが見えてきたからだね。

そう。要するに出したわけ。出して見えることは治ることができる。

――中国、治るのかな?

いや、中国ではなくて周りの認識だよ。周りの認識が変容し、正すことができれば、中国はギャーギャー言えなくなるでしょ。

(2021年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング