人気のなくなった星、地球ーすでに地球を去った民族もいる中で

  • 2022年6月22日
  • 地球
  • 420回

宇宙に生命体や宇宙人の住む星がたくさん存在するとして、地球というのは人気のある星だろうか? 緑豊かな大自然の地球は魅力的であるが、人々が殺し合い、環境を破壊しながら富を奪い合うことが続けばどうだろう。かなり厳しいメッセージが残されている。

 

人気がなくなった地球

 

この地球という星は人気がないんだ。最初は人気があったんだ。(文明の?)実験場で。

第二の地球(第二文明)になった時には少し人気がなくなって、第三の地球になった時には全く人気がなくなったんだ。

 

よく考えてみてよ、一日24時間しかないのに、(今の人間たちは)ああじゃねえこうじゃねえって自分の感情に翻弄されているんだよ。

そして人から感情ももらって、めんどくさいと思わない? 

自分の感情も持て余してるし、自分の持っている感情に人がどう思うかを反応したりとかね。複雑にしすぎている。

この世界はシンプルなんだ。 

 

アボリジニもマヤも、地球を去った

 

――もっと言うと人同士殺しあったり、人の物を盗ったり。レベル低いし、幼稚だし。

アボリジニ(オーストラリアの先住民族)の人たちが地球からもう去っちゃったじゃない。

――え、やっぱり(アボリジニが)消えたのは次元移動をしたんだ!

殺されたりもしたけれど…。

アボリジニこそがいろいろな叡智を知っていたんだ。そして地球のサイクル、輪の中に入っていたんだ。死も生も恐れないし、動物も食べます、動物にも食べられますって。

でもそういう人たちが怖いから(入植者? 西洋人?が)迫害した。だから消えてなくなったんだ。

――そうしたら、マヤ文明とかも消えたって言われているよね。

ある部分は分散されたり奴隷にされたり殺されたりしたけれど、王族などは次元移動したりした。ある部分は地下へ行った(=地底人?)

――今の人類がどうしょうもないね、という状況になった時に、次元移動する人と…、そうではない人がいるのかな?

だから後がないよって言ったでしょ。

次元移動だなんだっていうのはアボリジニが去った時に終わったんだ。あれがチャンスだったんだ。

地球は母なる大地。地球のサイクルに従っている人たちを尊重しながらできるかどうかの最後のチャンスだったんだ。

――もうチャンスがないから、私たちは地球を救っていくしかない。

だってあなたたちが追いやったんでしょ。

あなたたちの意識が彼らを追いやったんでしょ。

彼らはここ(=地球)が汚れ切ってしまったからいられなくなった。でもまだいろんな道が残されているけど…。

――この前、それでも大逆転があるって言っていた。私たちは逆転満塁ホームランを打たなきゃならない。

打つのは人類。われわれが審判かな。

だからいろいろなところで見られているよ。(人類を)残すのか残さないのか。感情はないよ。ジャッジしかないよ。

(続く)