テレビは広告であり、ポスターである

変異株が無数に登場し、致死率が下がっても、コロナはいまだに同じコロナウイルスとして報道が続く。内容は、新規感染者数と死亡者数の報告ばかりである。軽症で完治しても、陽性ながら無症状であっても、すべて感染者としてカウントされた「扇動」が延々と続いている。

 

感染者数は報道、治癒数は?

 

――わかりやすくなったというと、一番すぐに思いつくのはワクチンのことです。結構いろいろバレてきました。

だから出てきたでしょ。

それでもテレビでは(コロナの感染から)治った人の数、時期を言わないでしょ。

――そうだね、感染した人、亡くなった人は言うけどね。

 治った人は言わないよ。

一番初めは(報道で)言ってたはずだよ。

だから何が消されていて、何がクローズアップされているのか、テレビのニュースでも見ているといいよ。

流されてみるのではなくて、つまみながら見たらいい。

それが自分たちにとって道具になるのか、恐怖になるのか、それは見ていけばわかるじゃない?

――そうですね、ニュースは思いっきり斜めから見るようになっちゃいましたが…。

 

テレビの実態は娯楽と広告

 

――斜めどころか。1から10まで疑って見てるかも。

というか、簡単な話、テレビは広告。

テレビは娯楽と広告、それ以外の何物でもないから。

自分でこのポスターはいいポスターだな、このポスターは不完全だなとみておけばいい。動くポスターだから。

自分の求めている情報は何かな、それが精査されていった時に見やすくなるよね。ウサギ年は、来年は。

 

ただし、割り切るという形も出てくるから。仕事でも、プライベートでも、一人の時間でも。

あとはなるべく、向こうからコミュニケーションをとってきた時も自分からコミュニケーション取る時も、逃げない。

――逃げない。

そう、いやな言葉からも。「あ、その言葉を吐くんだ、ふ~ん」で、流す。

要は聞きたくない言葉ではなくて。

――それは情報も、ですか?

そう。「あなたはその言葉なのね」って。

――なかなか難しいかも。私は苦手。

でも、流すことはできるはずだよ。

それはその人を認めることになる、ただしその情報を認めるわけではない。 

――なるほど、切り分けるんだね。

(2022年11月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング