進む二極化

人から奪う者、搾取する支配者と、分け合う者、この二分化はこの先もっと進んでくるだろう。メッセージでは、あの世とこの世の話が交わるが、同じことでもあろう。

天国と地獄

――私たちは少なくとも、人が泣くようなことはしたくないね。これをやったら誰か喜ぶとかね。

自分が喜ぶと人が喜ぶんだ。

――または、誰が泣こうが、自分がいっぱい持つのがうれしいって人(搾取する者)もいるかもしれない…。

そうだね。でもそういう人たちは、もれなく、ハイ、幼稚園児だから幼稚園に行こうって。

ベビーサークルのようなものに入れる(あの世で?)

――(笑)。赤ちゃんみたいに、外に出たら危ないからこの中で遊んでねって。

キリスト教徒ではないけれど、左の座と右の座というのは日本にもあるからね。

右の座というのは、仏さんとか、神社の大神さんとか、人間の中で言うと、良いほう。

左の座というのは、地獄の業火とか、エンマ大王とか。人間にとっては、嫌なほう。

悪い方ではないんだよね、日本人には。イヤか、イヤじゃないかだ。

――キリスト教だと、罪だとか。それが日本にはあるのね。

似たようなものが日本にはある。

世界はちょっと違う。宗教の宗派によって違うのではない。表現が違うっていう感じかな。

 

二極化

地球の中の日本は磁場も違うでしょ。要(かなめ)の場所、へそだから。そこに住む人たちはどっちを選ぶのってことだ。 

――それは現世のことですよね?

そう、今。臍(へそ)に住む人たちはどっちへ行きたいの? ってこと。

――でもさ、嫌な感じのするところって普通は行かないよ。

ところがね、色は同じところを好むんだよね。赤が好きな人は赤、黒の好きな人は黒。

類は友だからね。

――自分の中に持っているものの方へ行くってこと。

そう。吸いつけられる。それが早くなっているから。

――すごく早くなってる感じ。それではもう分けられているのかな。

ある部分わかれてるね。二極化しているからね。

――二極化という言葉、二分化、二極化、という言葉がこのところすごく出てきてる。

搾取する者はずっと搾取する。その道具が使えないにもかかわらず。それが通じると思っている。なぜ通じると思っているのかはなはだ疑問なんだけど。

――でもそろそろ気が付けって思うけど。

気が付きたくないんだろうね。そういう人はそういうところに行かないから。感覚的にわかるんだろうね。

――住む世界が違ってきちゃうんだろうね。

気が付いた人はもうそっちには戻れないし。わかっちゃうと。知るということはそういうことだから。でも覚悟と経験というのはとてもいいことだと思うんだよ。気づいたときの。

――すごく重たい話なんですけど。

楽になると思うよ。

――今日は厳しかったですね。はあ~(溜息)。

その中でもいつでもSOSを出してほしい。SOSを出さない限り助けられない。助けることがあるとしたら。

(2022年1月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

特集テーマ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA