意識と思いの力

われわれ人間は、自分たちの思いや意識を少し過小評価しているかもしれない。何か直観したことや、想像したことが実現しても、それは超能力とか、偶然で片づけてしまっている。そんなことに気づかせてくれる。(2015年6月)

もともとシックスセンスは(誰でも)持っている。今だって、ごく近い身内とかで虫の知らせなどあるだろ。電話がありそう、電話したいと思うと電話があるとか。

だから、意識は飛ぶんだ。意識は形を作るんだ。

それをホントにそうなんだと思ってほしいし、思うための経験をどんどんしてほしい。どんどん自分たちが良いようにしてほしいと思う。 

―この会で言っていることって、そういうことが多くて、「外計」にしてもね、直観にしても。それに従ったら生きやすいね。

もちろん。自分自身を見つめて、自分自身が選択できるってわかって、責任も自分自身だけれども、憂いも喜びも自分自身だし。そうしたらとっても生きやすい。私はこうだよ、あなたはそうなのねって。

ここで何を学ぶって、自分自身は何者であるかってことでしょ。そして何者である自分自身は何を学びたくて何を求めて今の自分になっているのか、でしょ。

それをはっきり言えるようになるための勉強じゃない。それには人間外のものも関わっているよ。それをほんの片隅でもいいから思ってほしいって言っているの。

―なんて謙虚な言い方。

いや、もう、謙虚だとかそういうものではなく。

やることやるさ、やりたいからやる。それは人間だけのためじゃない、生物、鉱物も生きているんだ。すべてにおいてのバランスだ。もしかしたら、人間にとって、人間の経験にとって悪いものと映るかもしれない。その逆もあるかもしれない。

「促し」(=地震、火山、天候も含めている)がいっぱいあるから。まだまだこれから。

―できるだけ、小さくしてください。

―人間もそちらを知りたい、そちら側も人間をほっておけない、気が付いてほしい、この状態ってお互い、永遠の片思い状態!

人間のことを「この人間め!」って言っている奴ら(存在たち)も本当は関わりたい、興味がある。それほど思われているんだけど。人間が作れるって思ってくれるとありがたいんだけど。(何を作れる?未来、現実??創造かな?)

だから、とても「思い」が重要なんだ。すごく責任があること。想像力は強いものだから、よくよく感じて作っていってほしい。今はとても動きが早くなっているから実現も早い。そして、表面ではなく「本当の思い」が実現できるからね。

―私、痩せたいのってお菓子食べてたら、実現できないってよく言われた(笑)

そうそう。自分の本心を見なければならない。自分の本心を見るのってとてもきつい。いい自分は見るのは楽だけど、弱い自分、汚い自分、嫌な自分を見るのはきつい。それをひっくるめた自分が経験できる自分なんだって見た時に、人はもう一人の自分に出会える。そのもう一人の自分ってとっても大事で、とっても貴重だから、試してほしい。いい意味でも悪い意味でも、いろんなことが早く出てくるから。

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。