発信者となること

物事を見るとき善悪、右派左派などの二元論で考えがちである。今回は私たち質問者の自問が中心になるが、ヒントが示される。

―どうしても善悪論になっちゃうんだよね。それも嫌だね。いまだそこに捉われているんだ。先へ進む私たちと後から来る人たちとどうしても区別したいという意識がどこかにあってイヤだなあって…。

なぜ?

―なんでだろうね。自分を評価できてないんだね。

ゆっくりゆっくり。

―自分の歩いてきた道を肯定したいからじゃない? だから自分と違うことをする人をちょっとイヤだなあと思ったりね。

(笑)

―この先長く生きても違う世界が来てあまりよくはなさそうだなと思う。

楽しいよ~

―楽しい、と言うでしょ。だから肯定的にとらえないとついていけなくなるなあと思う。

ついていくのではなくて、あなたが発信者になればいいの。とても希少だから。

―長くこの世にお邪魔してもあまり楽しくなさそうだなあと思ったり…。

発信者は楽しいよ~

―楽しいと思わないかもしれないですけど、このやりとりを聞いている私たちはすごく楽しいんですけど(笑)。

発信者は動かなくてもいいんだ。

動いている人を見ながら、伝えながら、伝えてもらいながら楽しんでいればいい。

それはお互いの学びになるから。

―多分この状況を一番体現して動いていける年代なのは(若いAさん)じゃないかな。だから頑張って。

―まあ、私なりに動いてはいると思うんですけど…。

―サイトの発信もあるね~~。

だから一日を生き切ればいいんですよ。

できることは限られていると思い込んでいるうちはね。

それに1日24時間というけれど、その観念、感覚が変わっていくわけだから。

―この前、半霊半肉になるという話の時に寝ているときは身体から離れているからもうなっているんだって。

そう、地球がスっとエネルギー的にもう成り立っているんだけど、時間時空はゆっくりです。

今、はまりかけていますっていう状況かもしれない。

(2021年1月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA