夢殿、夢の世界

夢を書き留めることの話。以前の記事「夢殿(ゆめどの)」も参照いただきたい。

自分の認識と行動で動いてほしいのね。

―いつも言っているようにこういうメッセージは鵜呑みにしないでって。

そう、必ず自分でかみ砕いて、わかることだけ、行動できることだけやればいいのよ。

あとはどうしても認識したければ、夢殿、夢の世界、色のはっきりした夢、夢を見ているときに、夢を見ていると思っている夢、そういう夢を起きた時に書き留めておく。

そうするとそのうち自由に動けるようになるかもね。

―ネガティブなものもですか?

そう、夢は全部自分から出ているからね。

そして夢殿の中はネガティブな階層から、ポジティブな、よいほうの階層に動くことができる、広いからね、あそこは。

要するに起きた時に覚えていることを書けばいい。 

―嫌なこともですか?

嫌なことならどうやって転じられるか。そして「書く」ということは目の前に出して認識することだから。

―書くことはいいって(聞いたことがある)。手紙書くのもいいですよね。

自分に手紙を書くのもいいね。何年後かの自分に、とかね。

違う次元の今の形に似た自分に、会えればいいなあってぼーっと思いながら寝るのも一つの方法。

―思わなくても夢に出てくるのはどうして?

向こう(違う次元の自分)が思っているかもしれないよ。

―それはない。この前(夢に出てきたのは)知事だったHさん。なんでえ、嫌いなのに…。

嫌いだからこそ。あのね、好きも嫌いも実は同じエネルギー。

で、嫌いというエネルギーは好きよりも強いんです。だから嫌いって思うとつながる可能性。無関心が一番の武器だよっていうでしょ。

嫌いだあ、なんだかんだってやっているとつながってしまう。無関心は何がどうなって動いてもああそうですかって興味もない。だから強い。エネルギーを渡さないから。 

―イヤだと思うから向こうからも返ってきちゃう。

イヤだイヤだも、好きのうち。(2019年12月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA