所作

(2019年3月の時点で)誰が元号を発表するのか、菅官房長官は地味だね、という話題から。

上に立つ人ではなく、ナンバー2、もしくは表に出ない人をよく見ていた方がいいよ。

 

本物の所作

―野村萬斎の安倍晴明の映画(「陰陽師」滝田洋二郎監督)での立ち振る舞い、動きが綺麗だった…。

本物と偽物で、本物は所作が綺麗かどうか、自分が見て、所作が綺麗かどうかで納得できる、腑に落ちる。

どんなものに関しても見ていた方がいい。

偽物はどんなに美辞麗句で飾っても、どんなに大げさに動き回ったとしても所作が汚い。

―よく、後味が悪いとかいうよね。演奏とかもそう。

所作の汚い人たち、今だに搾取しようとする人たちとは同じ空間にいられない。

その感覚を大事にしてほしい。

それを割り切った時、割り切れないときの感覚を見ていてほしい。

なんで自分は割り切るのか、割り切らないのか。その感覚が変わっていくから。

 

―仕事でも、この人は仕事だからしょうがないなと付き合うか、それでもダメだとするか。

それも単純にシンプルに。言い訳しないで。

―だってイヤなんだもん、とか(笑)

それでもいいの。自分の「在る」に忠実であること。

そうすると外計、外の計算されたものが変わってくる。それを使い始めた人が少し増えてきたかな。

GWとかに山歩きをするときに、滝や川のそばは地面が緩んだり、磁場が強いところあるから気をつけて。神社に行くときも山の道を歩いたりするから気をつけてね。(2019年3月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA