龍神の意識と俯瞰すること、それが国防にもなる

ウクライナの紛争では、ロシアとウクライナという単純な対立構造で見てしまい、正義のウクライナ、悪の帝国ロシアという世論に偏りがちである。1000年以上に及ぶ宗教的歴史、近年のNATOを含めた軍事的脅威、ウクライナ国内でのロシア系住民への弾圧、裸の王様となったロシア大統領、暗躍する欧米の武器商人、他にも様々な要因を考えれば、問題は単純ではないようである。今後、日本も国防を意識せざるを得ない中で、われわれ市民はどういった意識でいればいいのだろう。

 

核戦争の脅威は少ない

 

――いまだに戦争がなくならないって人類はレベル低すぎ。進歩がないね…。

ある部分、今、武器商人が闊歩(かっぽ)してる。大喜びで。

言っているような核については許されないよ、と警告は出しているから。

2人(ロシアとウクライナの指導者)ともわかっているので、(核戦争)ないと思うよ。

なぜか? やった瞬間大変だから。

 

神様も動いているので、私たちも

 

――ロシアと国境を接するウクライナが大変なのはわかるけれど、日本だってロシアの隣なんだよね。

日本だってターゲットにされてるよ。

 

――北方領土で軍事演習をやってるような、閃光が見えたって。

やってる、見せつけてる。

北海道はもともとロシアだってロシアの高官が言い始めたし。

もともと、日本のものでも、ロシアのものでもないから~~~(※地球の大地としては、という視点)

――はいはい、それは神様の視点ね。でも、ゼレンスキーがどうだこうだって言ってる場合ではないかもしれないと思って。でも日本の国防については私たちがどうしようもないから…。私は神社にお参りするしかないんだけど…。

もう、すでに日本の神様は動いてるけどね。

でも、あなた方が頑張ってください。思いを、もっと!

関連記事

日本好きの外国人を特集した記事や番組をみると、日本人は日本の良さを再認識したりする。今こそそうした日本人であることの自覚を高めるときだと思う。大神様たちも手助けできるよう動いているようである。   大神様が起き始めている […]

 

龍神という認識で俯瞰すること

 

――動くといっても声を上げるとか、行動をするとかは、難しいね。

官僚はアメリカさんの言いなりだからね。

 

龍神の認識でいて。

 

広く、これがどうであるかを認識して動いてほしいの。

広い心で、どっちも。

例えば、戦争をやっている本人たちであれ、その人たちの正義があるわけだ。でもそれはその人の個人的なものであって。でも私はこうだよね。って認めて、寛容して、それでもがんじがらめにならないように。

認めると、がんじがらめになるっていう感じが日本人にはあるから。認める、イコール、認識が違うんだねっていう、認識を持つということだから。そういう風な感じでいてほしいの。

 

――それはどっちが悪いとかではなくて、意識が一段上からになるね。

そして、俯瞰してほしいの。

そうするとちゃんとした形が見えるはずだから。中に入ってないから、外に出たほうが見えるから。感情よりも俯瞰ね。 

――感情に飲まれたら、この状況の中では終わりだと思う。

日本人は感情的になりやすい。感情的になって、ワ~~ってなりやすい。日本人はねちっこい。そしてカテゴリーに入れやすい。これは正義だとか、いいことだとか。

――日本は個人主義の国ではないので、どうしてもそうなるね。グループになってみんなで安心したいってね。

それもわかる。そこにいてもいいんだけど、脳みそを他者に渡さないでほしい。

――日本国民、自分で考えなくなって、ほとんど脳ミソを他者に渡してるぞ~。

それだったら、脳みそを渡す他者が誰なのか見てほしい。あなたは誰に渡すんですか? と。

政府なの? それとも友人なの? 情報なの? その情報は確かなの? 

それぞれ厳しかったり、柔らかかったりする目覚めが起きているということ。

そうなれば龍神は動きやすい。

――地球規模の俯瞰は大事なんだね。

日本人はできます。日本人には情緒があるでしょ。イメージも強いからね。

(2022年4月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。
特集テーマ
★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。
人気ブログランキングへ
精神世界ランキング