古代エジプト(1)

天皇の大嘗祭という儀式が、日本だけしかないのか、という質問。外国は、かつてエジプトにあったが、儀式を他人に知らせてしまい滅んでしまった。人間同士の契約ではないということらしい。

古代エジプトの一族

契約は契約なんだ。人間のルールでの契約ではない。

―神との契約?

神っちゃあ神だけど、エネルギーというか。地球を存在させているもののエネルギー、またはある種の装置(※かつてピラミッドがそのエネルギーの伝達装置だという話もあった)

―あのピラミッドの頃はそれが続いていたんですか?

そうそう。ただしそれを人間が欲で争ったり、血の気は嫌われるからね。権力を取りたい人がポロっと言っちゃったりね。

―(4000年ぐらい前のエジプトで生きていた記憶があるという話。偶然、この日の前日にテレビでエジプトのそのあたりをやっていた話。)

太陽神、星の神、月の神、があって。星の一族は近未来を見る一族。星占いのような。ある時期太陽神の一族が台頭してきた。ETやヨーダのような宇宙人との混血がいた。

ツタンカーメンのお母さんはきれいな一族だったけど、お父さん側に宇宙人の混血がいたんです。

月の一族、星の一族には宇宙人の血を強く受け継ぐものが先読みをしたり儀式を司ったりしていたの。宇宙人の血が入っていると人間ではない能力が強い。人間型もいれば見た目、宇宙人ぽい者もいたの。

―前に火星から来たものがいるって…。

いや、マルス(火星)ではない。かに座星雲よりもっと奥。白鳥座ではない。

―エジプトにはその月の一族と星の一族がいて、あとから太陽信仰の一族が来たの?

そうそう。なぜかっていうと理由がある。お父さん(=ツタンカーメンの?)っていうのがこれまでの伝統的なものに疑問をもっていたんだ。偏りすぎだと。

王族や儀式をするもの、先読みをするものを一回請わなきゃと思ったんだ。でもやりすぎたんだ。民が付いてくると思ったんだけどね。(続く)

 

★より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA