スパイと洗脳

アメリカのトランプ大統領を支えるのはQアノンなる組織だという説があり、その話からスパイの話題となる。情報を盗むのはスパイであるが、情報を流すこともスパイ活動だという視点はもっておきたい。

表に出す情報は隠れ蓑

あれ(Qアノン)はもう古いぞ。その裏だ、その裏。

Qは「さきがけ」みたいなもの。AIを作った者とそれを販売する組織(詳細は不明)

―(世間の)表に出てきた段階でもう情報は古いだろうね。

良いことも悪いことも垣根が低くなってきたから、何にも考えずに物事を出してしまう。

これ以上やったら可哀そうとか、まずいとかの感覚もないわけ。だからそれを隠れ蓑にしている。そうするとこちらで陰で動ける。ニュースと同じ。大事なことが隠れてしまう。

―CIA(中央情報局 外国での諜報活動を行うとされる)に対するスパイもいるって…。 

要はスパイっていうのは情報を取ることも、情報を流すこともできる

―この話は、ふ~ん、もう古いよって言われると思ってはいたけど。

まあ、そういう組織はあるよ。で、そういう人たちは敵と味方を作る遊びが大好きなのよ。

―白黒はっきりさせて、仮想敵国とか、CIAはどっちとか。

CIAはそれをやっておけば隠れ蓑になるしね。

―2重スパイとか。4重スパイまであるらしいよ。よくわからなくならないよね(笑)

(表に)出てきている情報は、古いか、半分。

 

自分を見つめる動き

―スパイは、あんまり日本とは関係ないと思いたいのですが…。

関係なくないよ。日本の洗脳率って高いから。だってわずか何十年だよ。こういうスマホとか、ネットとか。これが当たり前になった、無くていられない。それと同時に内側を見ようという者も流行ってきているよね。

ヨガとか、自分でできるエクササイズとか。自分を見つめるものも日本人の中ではやってきたんだ。茶道や華道も。それはなぜか、溶けかかってきているんだ。洗脳が。

―じゃあ、このサイトを読もうなんて人はその流れの隅っこにあるかもね。

そしておもしろいのは、本物って何だろう、偽物って何だろうってことにすごい関心があるから、みんな。ワクワクしながら関心があるのがいいこと。自分で選択したんだよねって。

ただ、巷(ちまた)で流行っているような突き詰めながらやっていて「これは幸せね~」っていうのはエセだと思うけどね。

―今、いろんな人がいろんな風になっているから、一言で言えないけどね(ここからの話は、すべてをお花畑に見せる偽善的グループを指している)。

本当なのは、酸いも辛いも甘いもあって、傷も作れば、悪想念も含めて、それで人間だから。否定も肯定も含めてね。

ニコニコ~っとして幸せね~とかやっているのは、「こわっ」って思うよ。お前らこの裏はペロッとめくると黒いの出てくるんじゃないのと言いたくなるのもいるげど。

―「そんなことないの~ 私は愛にあふれて幸せなの~」ってなやつね(笑)

ベロっとやりたいね(笑) 楽しいことやワクワクすることに目を向けるのはいいけれど、他を切り捨てていいということではないね。自由とか楽しいこと、ワクワクすることはルールがあるから。ルールがないのは「無秩序」っていうんだ。(2019年5月)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA