未来からの使者(1)

前文明の痕跡」で残された物は、解読できないが存在するようだ。

超古代の遺物

―(危機に瀕する文明であるが、人類の進化の鍵があるとすれば)どこにあるのかなあ。それって前文明のものなのかな?

いや、第三文明のものだ。

でも第三文明のものではないもの(=超古代文明の)もある。

―仮に私たちがとても高度なものを見つけたとしてもなんだかわからないよね。

なんだかわからないとその時は思うけれども、なんとなく懐かしい感じがしたり、気になったりするかもしれないね。

―2000年前にもしiPadがあったとしてもなんだかわからないから、いらないって埋めちゃったかもしれないよね。電源が入らないしね。どこにあるんだろうね。スフィンクスの中にもあるっていうよね。

うん、あれはある血筋のもの以外には見つけられないけれどね。

―Aさんは、日本のそういうものを見つけられる血筋があるかないかわかる?

ないね。

―天皇家?

いいや、違う。

―天皇家より古い人のような気もする。

裏天皇ってわかるよね。

京都の奥にいらっしゃるとか、ヤタノカラスとか。裏天皇が守っているんだ。

そう。裏天皇が守っている部分もあるんじゃないでしょうか。

それとさっきいいことを言ったのは、未来から過去に行くことはできるんだよ。

 

未来からは来れる

―未来から過去へ? 実際に未来から来た人がいるってよくネットで見るよね。本当かどうかはわからないけど。何しに来るの?

伝えに来るのが一つ。

実験に来るのが一つ。

―よくSFにあるじゃない。人類が滅びそうだから原因を探りに過去に来るって。

まあ、そこではないけど。でもこの知識を教えておかないと、お前ら、迷走するよねって。

―そうしないと、未来の自分たちがややこしいから(笑)。誰? 表には出ない? 人間の形をしているんですか?

もちろん。人間だもの。ただし、だいぶ違っているけどね。背が高かったり、同じような顔つきだったり。

(続く)

(2021年2月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA