守護霊は教師

守護霊については、2018年の10月に「守護霊とは?(1)」から4回に渡り詳しくメッセージを掲載している。その内容と今回のものは矛盾しておらず、守護霊は私たちにとり心強い存在であることがわかる。

守護霊は教師のような仕事

―前世と守護霊とに興味があったんですが「次元」について知ると、またテーマが色々と増えてしまったね。

―「守護霊」って自分の分身なの?

似たようなもの。

だけれども(守護霊は)人間になる、ということを卒業していて、今度は共に守りながら育みましょうっていう教師みたいなものになって、仕事なんだ。

この人を守りたいって言ってもできないんだ。お前が一番成長できるのはこの人を守り、導くことだって言われて、えーってこともある。

だから守護霊に、ありがとう、ありがとうって言っていれば、教師として嬉しいから仲良くなれるじゃない。そうすると守りが強くなるじゃない。

―これ、またテーマにしたいくらい面白いですね。

思いは飛ぶからね。いい思いも、悪い思いも。巡り巡って(自分に)帰ってくるからね。イヤとか嫌いとか、攻撃的な思いは×2倍で早く返ってくるからね。

―だから良いことをたくさん思えばいいね。

福が福を持って返ってくるよ。自分がどこに思いを向けているかでしょ。

(どの「私」かは不明)はおもしろくてやっているんだけど。私は見てみる者だし、伝えて伝える者だから反応がなければ面白くないでしょ。

私はどこにでもいるんだ。この世界のどこにでも。私には呪(じゅ)は効かない。だって空気に呪は効かないでしょ。

―今、「私」って言ってるのはどこの私かはわからないけどね(笑)。(2019年12月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA