社会変革の只中

コロナの世界的蔓延もワクチン接種の是非にしても、何年後かにどのように振り返ることになるのだろう? 新しい価値基準、新しい社会に移行する前に、まず今の社会の構造が大きく崩れようとしているが、その真っ只中だと分かりにくいのかも知れない。

ワクチン騒動

――ワクチンの予約に300回電話したっていう報道もあったけど、なんだかなあって。殺気立ってますよね。

そういう時に、譲るとか、できないでしょ?

――余裕がないのね。

でも、前から言っているように、譲れば、5が10になる。自分のものとしたら、1が0.5になってしまう。

――トイレットペーパーを買い占めた時(1973年のオイルショック時の騒動)みたいに? 

同じ感覚。自分がよければ、自分の家族さえよければ。

 

社会が根本的に変わる

本当に崩れたんですよ、会社も、そういう思惑も。ガラッと変わっちゃった。

やり方も伝え方も、行動も、思いも。

――社会が変わっていく時ってある日突然、白から赤になったりしないので、そこはもう混乱は仕方ないかな。

でも混沌がなければ、人はそれを十二分に味わえないし、それを「納得した」ってできないから今があるのよ。

だから今のモヤモヤも、政治不信も含めて。

――政治不信というよりも、今までの社会構造とか、権力を持っている人たちとか、うまく言えないけど、あとで分析したらすごく面白いだろうと思うな。

今の時点のことを、例えば、5年後に振り返った時に楽しいよ。

もう変わっているから。政治も、テレビの放映の仕方も、情報のとり方も発信の仕方も変わっているから。

5年後が楽しみよ。

――生きてるかしら?

――生きてるよ~ 今これを記録しておいて、あと5年経ってもまだこの会やってるだろうから、ほら生きてるじゃないって(笑)。

(2021年5月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA