裏巫女と隠れ里

「隠れ里」が存在している、というのは何度も話題に出てきている。一度訪れたら帰ってこれないのであれば検証のしようもないが。

天皇家の裏巫女の存在

大本教にも教祖ではなく、裏にお告げをする者がいるし、伊勢神宮にも表と裏の巫女がいるって話を聞いて、あれ、同じことを言ってると(笑)

天皇家にも表と裏がいて、そして裏のほうが強い。裏巫女が本家だ。裏が表に出て表が裏になることもある。

ー能力を使う人たちが裏にいるってことだ。

その一族がいる。

―いや、そういう話は信じるとか信じないとかではなくて、検証できないから、まあそうかなと聞いていたけど…。

 

隠れ里

検証させないし。そして検証しようとしていると必ずお付きがつく。ずっと言っているじゃない、隠れ里はあるよって。戸籍はなかったりする。それは役割だ。肉体を持っている意識を持って生まれてくる。赤ん坊でも一人の個体なんだ。形態としたら村全体で育てる、伝えるっていう風にする。

―どこにあるんだってなるな(笑) 見つけられるかな?

見つかるかもしれないけど、帰ってこれないよ。外から見たら普通だから、迷い込んでもわからない。皆、普通に暮らしている。でも何かあるとガラッと変わる。情報収集するときは世間に出てくるよ。そこの人たちは人間の作ったものも自然の一部だと思っている。いろんなことをするのに都合がいいかどうか。

―琵琶湖の西のほうで、不思議な場所があって、そこは神隠しがあったり、白いマンモスをみたり、天狗がいたりって…。

次元の裂け目かな。荒唐無稽に聞こえる話ほど真実として話したときにみな信じないんだ。

―そっちの方ってなんとなくうら寂しいというか、何となく行く気にならない。この会だって次元の違う隠れ里みたいなもの(笑) 何を集まっているんだかね。

見える人が見ればここら辺(※頭の上あたりを指して)に見えるよ。

―何が???見えないよ(笑) そういう人たちは一般の人と接触はないんですか?

役割による。子供たちは隔離しているわけではないが、力をコントロールすることを教える場所がある。子供はみんな家族として接している。

 

動き出した能力者

―その人たちは感度が良いだろう。私たちですら何かおかしいとこうやって動いているけれど、もっと感度が良いから、動き出したんだ。

動く時期が来たからだ。これはとてもシンプルなことだ。そういう時期が来るとわかったから準備をして時期が来たから動くだけ。

―その人たちはわかるから計画ができるけど、私たちはあれ~なんか変だって思うぐらいだよね。

計画というのではなくて、そのように感じたら、自分自身を信じ抜いているだけだ。そして動くだけだ。シンプルなんだ。ジャッジメントしないんだ。

―なんか変だと思うけど、あなたはどう思う?とかは確かめないんだ。

自分自身を信じ抜いているから早く動く。結果は結果でいいんだ。動いた結果、動かない結果が出るだけだ。

―どうしても人間は結果を良くしようと思ってしまうからね。

でも、面白いよね、結果を良くしようと思って、結局プロセスが迷いに迷ってあれっ?てなる。シンプルなんだよ。悪いことという認識ではなく、大難を小難にできればいいんだ。家族、周りが傷ついたらイヤでしょ。

自分自身を信じ抜けるかどうかだ。何回も言っている。シンプルになりなさい。そうすると見えてくるよ。自分で選択できるんだよ。この三つだけなんだ。

―ごちゃごちゃにするの大好きなんだよね、私たち(笑)(2018年4月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA