人間は天変地異がないとわからないのだろうか?

  • 2022年7月22日
  • 地球
  • 244回

地震、台風、豪雨、猛暑などの天変地異は、被害はもちろんあるにせよ、長い目で見るとそれがきっかけとなって、私たちになんらかの気づきを与えることもある。平凡に思えた日常がいかにありがたいものであったかもそうした気づきの一つであろう。「促(うなが)し」というキーワードはこのブログで特有の意味があるので、過去記事も参照いただきたい。

 

関連記事

毎年のように「異常気象」の報道がなされるようになってきている。ここ最近は、朝夕の気温差が15度ほどになることが普通になっている。危機感を煽りたくはないが、全世界で気象の変化がみられる。以前、アメリカのケリー国務長官が、テロや核兵器の拡散より[…]

 

天変地異がないとわからない人間

 

――今後地球で起こる天変地異というものは促しになってくるんですよね?

天変地異が「促し」になってないことを見たことがない

天変地異は本当はおこらないほうがいい、だけど、天変地異が起こらないと人間はわからない。

――さっき言っていた、何かが起こらないと…。

何かが起こる前に、もう少し人間は直観だとかそういうものが強かったのに、今は鈍くて…。

 

それは自分で生きてないから。

人が右だよって言うと、え~って言いながらそっちへ行くようでは、それは鈍いよね。

アンテナをちゃんと磨かなきゃね。

 

天変地異というけれども、地球の中の自転軸はもう動き始めているから。それは人間がとかではなくて、サイクルだから。

江戸のちょっと前の気温、気質になってる。戻っていると言ったら語弊があるけど。地球の中のサイクルだから。

 

土地(国土)も借りもの

 

ただ、人間の思いとか、祈りとかそういうものでゆっくりシフトをするのか、ドンとシフトをするのか。それによっての衝撃、人間の中での衝撃は違うと思う。

――そこだよね、お願いだからゆっくりやってよ。

だったらちゃんと示してよ。土地を貸しているんだから、人間は土地を借りているんだから。

自分の土地なんて、無いんだから。

それを上は知っているのに、伝えないでしょ。

――今社会的にある問題に私たちはどうしようもない、手が付けられないから、自分はどうするかしかないのよね。

私はどうするかで動くときに、エネルギーが動くからね。

エネルギーが動いている、その動きを見ているのは裏天皇だ。

そういう場合には裏天皇に思いは届くからね。

(ここで借りた土地、裏天皇といった話題が登場するが、これについては改めて記事として伝えたい)

(2022年7月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング