これからの皇室の役割ー雅子様、愛子様の役割

陰陽師の家系

 

――(ヒアリのニュースのように、何かを大々的にニュースにすることで、本来ニュースにしなければいけないものを隠すことがあるという話から )本当はこのことをニュースにして欲しいと思うのにってことがある。

それは古いやり方じゃない。でも「あれおかしいな」という人が、最初は半数だったけど、8割がたになった時に、何かが起こるわけ。そしてもう8割がたになったの。

で、その最たる(例で)一番よくわかるのは、黒田さんが斎宮を務める、ということ。

――黒田さんのご主人もやはり、何か古い皇室に関係するような家系の人だと何かで読んだ気がする。真子様のお相手も。

陰陽師の家系だよ。ずっと遡るとね。

陰陽師も二つあって、朝廷の陰陽寮、安倍清明とか賀茂氏の流れと、呪術師の家系と、後者だと思うよ。

でも、なるところになるし、あるところにあるし、ぴったりパズルが収まってきているから。あと2,3個でしょう。

――じゃあ、まあ、私は浩宮様、皇太子頑張れ~~って思っているよ。

祭事も変わっていきますよ。

そして祭事が変わっていくと古い神も変わっていくということです。それはみんな了承の上で。

だから(皇太子も)いろんな神々に会っているでしょう。

 

雅子様は神事には関われない

 

――雅子様が神事に関わってなくても大丈夫なの?

関わっていないのではなくて、関わらせないんだ。血が違う。

――そうなんだ!

人間にとって百年とか千年とかは長いよね。

でも神々にとっては昨日も一緒だから関わらせないものは関わらせないし、関われないものは関われないんだ。

――血が違うんだ、彼女。

違うね。穢(けが)れとか、そういうことを言うつもりはないけれど、やはりできるものはできるし、できないものはできないんだ。

彼女にしても辛いと思うんだ。

彼女は彼女のやるべきことがあるから、それをやればいいんだ。

神事(かみごと)は無理だ。日本の神様は案外そこは厳しいんだ。

――異教の、違う宗教なんだ。キリスト教かな?

知らん、そんなことは。ただ、われわれからすると、穢れになるね。

――神事に入れてはいけない人なんだ。

というより、入れない。 彼女のためにもならないし、苦しくなる。

結婚をしたのは「(神事が)できない」という経験をするためだろうね。そして、彼女と彼の子供ができるという経験をするだろうね。

(続く)