政治的な平昌五輪

2018年2月に開催された平昌オリンピックでは、韓国と北朝鮮の南北合同の入場行進だったり、アイスホッケー合同チームだったりといった企画が突如として行われたことに違和感を覚えたものである。また、金正恩の妹である金与正が登場してきて、オリンピックを政治的に利用した感が否めない。私たちは、2017年の11月の段階で「妹が登場してくる、誰に接触するか見て」と言われていたが、何のことだかはもちろんわからなかったのである。

―以前(2017年暮れ)「北朝鮮は金正恩の妹( =金与正 )が誰に会うかよく見ていて」と言ってたけれど、平昌オリンピックに妹が行ったからびっくりしたよ(当時、報道でも金与正のことが出てきたことはほとんどなかった)。

プーチンさんもずっと怖いと言ってたけれど、出てきたでしょ。

(英でのロシアの元スパイ親子の暗殺(2018年3月4日)、その報復で米政権による駐米ロシア外交官の国外追放(2018年3月26日)などの事件など)ヨーロッパ、タイも出てきたでしょ。

―英国では一年前ぐらいにロシアに核攻撃も辞さないといった外交官がいたらしい。そういう記事があった。そして今回の事件だ。

以前にもロシアのスパイだった人の暗殺もあったし。プーチンさんはそういうものがザラだ。ロシアの毒薬と同じ成分が使われている。正男も神経毒で、何かの実験かもしれない。歩いていたけどほとんど無意識だったはず。

ー去年(2017年)の11月の段階で北朝鮮の妹に接触してくるものがキーになると言ってて、平昌オリンピックの時に妹が出てきて、それに接触してきたのが韓国の大統領(=文在寅)だったね。

大統領もそうだし、公ではないけど中国、ロシアの外相にも接触していると思う。日本も入っているけれど、中心からは遠いかな。だから安全といえば安全なのかな。

日本が今どっちつかずだ。本当はいいけれど、(外国は)日本を陣地として取りたいんだ。日本は乗り遅れているのではなく、逆だ。だけれど、陣地取りが始まっているからね。

―その陣地ってどこ?

ギリシャは終わっているから、えっと、フィリピン、ベトナム、タイ、日本の一部分。日本のどこかははっきり言えないなあ。(明日の記事へ続く)(2018年3月)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA