北朝鮮とプーチン、そして日本(1)

―(今日の会の)最後に何かありますか? 中国とか北朝鮮とか…。

最終的なこと、それとも今現在の事? 北朝鮮のトップ(=金正恩)はすごく神経症ですね。何をやっても休まらないでしょう。寝るたびに殺した人たちが(夢に?)出てくるだろうし、自分も暗殺を何度もされかけている。そして本当に信頼できる者がいない者は哀れだねー。一人もいないだろう。いたとしても信じられないから自分で殺してしまう。

アメリカと韓国が攻め込む可能性はないよ。自滅のほうが高い。中国や韓国などに取り入れられる。最終的には北朝鮮が小さくなるのか、なくなるのか。落ち着くところはね。ただ、そううまくいくかどうかはロシアが絡んでくるだろうから、わからない。あそこは能力者が多いからね。

―日本が関係なければ、対岸の火事として見ていられれば、世界史的には面白いで済むけどね。

でも、日本はメチャクチャ臍(へそ)みたいだからね。(米中露の争いは)日本の争奪戦と一緒でしょ。日本を取りたいわけです。北方領土も返さないのは日本に返せばすぐにアメリカが基地を作るだろうし。沖縄も中国が欲しいのは中国にとってアメリカの基地がなければ通れるし。国同士で領土の奪い合いをしているように見えて、実はみんな目は日本に向いているということだ。それはなぜか、能力者が多いのは日本だから。プーチンさんがなぜ日本が好きかって言えば能力者が多いからだ。

―能力者という言い方をしているけれど、日本人、皇室、日本の土地が持つ八百万の神、すべてが見えない力を持っているということでしょ。

プーチンさんは一番よく知っている。でも、(プーチンにとっても日本は)扱いきれないけどねえ~~

―能力者っていうと特殊な人だけって思うけれど、そうではなくて。

そう、磁場も含めて大地、人も。

(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。