干ばつで中国に現れた女神「女禍」

画像は、Xiao Yuncong, 1596-1673, Public domain, via Wikimedia Commonsより引用。

中国では、あまり日本での報道を見ないが、干ばつや洪水が各地で繰り返されており、女禍(にょか)という女神が現れているという。メッセージの最後の一言が重く響く。

 

女神の登場

 

台風がね、日本をそれながらも、刺激するから、降らないところに降って、降るところに降らないわけ。だから水神がどうなるのかなって思う。

――中国なんか干上がってる。この間は逆に洪水だったよね。

怖いのは、中国で干上がると、あの女神が現れる。

干上がらせる女神。

にょか(女禍)

大凶の女神、人間にとってはね。

神にとっても忌むべきもの。

干上がり、打ち払い、全てを無に帰す。

――(検索して)女禍、じょか、古代中国の神話に登場する、人類を創造したとされる女神だね。中国語の発音だと、ニュワって聞こえるかな。

創造するのではなく、壊す。 

――もう現れているんですか?

現れてる。

あれだけの干ばつが出てるんだから。

それが日本に伝わると、宇賀神(になる)

――え、これが宇賀神になるの? 宇賀神っていうのは宇迦の御魂ではないの?

違うんだな。

宇迦の御魂より宇賀神のほうが古いよ。蛇だよ蛇。

どこで入れ替わってるのか、日本に入ってきた時点で全然違う意味になるし。 

――この神はあなたが言うには、人類最悪の神、今は中国に現れてるけど、日本には来ないよね?

来たら大変じゃないか! めんどくせ~

中国のものだからね。

でも彼女自身は優しいし、さみしがり屋だし、本当に孤独なのさ。

生まれた時からそういう性質を持っているから、行った場所から全部干上がっちゃう。

みんな死んじゃうから、何もなくなる。

水が無くなるし。

でも本人がやろうと思ってやっているわけではない。 

――この人、ひょうたんに縁があるんだって。さっき見た絵の最後、ひょうたんだったじゃない。今日はなんだかみんな繋がってるねえ。

――この女神が出てきたということは中国は大変かな?

中国と中国の周りは大変。

だって、近いところだったらやはり干ばつは影響するでしょ。

そして干ばつだけではなくて、干ばつになったところは竜巻とか起きるでしょ、それから風が吹いて摩擦が起きて火事が起きるでしょ。

そうすると竜巻の中に火が入ることがある。それも女媧がやることでしょうよ。

ただし木とか森にとってはいいんだよ。焼けたことによって土が変わって種が芽吹くこともあるから。

自然は黙ってない。

人間は、やりすぎたの。

(2022年10月)

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング