UFOと宇宙人のエピソード(5)

UFOと宇宙人の話題はまだ続く。真偽のほどは検証のしようもないが、どうしてこんなことまで知っているのかという内容である…。

UFOと宇宙人のエピソード(4)の続き

―最初の疑問に戻るけど、なんで公園に降りてきたんだろうね、宇宙船(笑)

気になったからじゃない? そして呼んだ者がいるかもしれない。子供は柔軟性が高いから友達になれるって思ったのかもしれないし、何かのトラブルで落ちたのかもしれない。UFOだって落ちるからね。

―まさにロズウェル事件

いや、あれは実験のために落ちたんだ。だって混じり物が乗っていた(から)。あれではなくて散策していて落ちることもある。UFOが落ちたら生物だったらすぐに消滅する。地球の生態系に影響してはいけないという約束があって、ほかの宇宙人が回収するか消すかする。危ないから。人間が他の星へ行ってもそうだ。

―人間にはそんな高度なことはできないよ。

そうだね、だから技術を知りたいんだろうね。

―やっぱりアメリカは(UFOを)捕まえているよね。

今はイギリスが主流だけど。

―だからEU離脱するのかな(笑)

ロシアはいるよ。浮き上がったり、念動力を持っているのもいる。浮き上がるのは人間の能力だよ。麻原は違うけど(笑) そういう子供たちがいる施設がある。

―宇宙飛行士ってやはりいろいろ体験しているんですか?

そうだよ。でもルールがあって言えないんだ。火星探知機(に)はすべては知らせていないよ。火星にいるのは(=火星にいる生命体は)怖いから大丈夫かと思う。火星に移住は???だ。火星の生物は、知能は高いけど攻撃的な者たちだ(から)

―ネットに火星の表面にギザのピラミッド(300万個近い石灰岩が正確無比に積み上げられている)と同じ形のものと、仁徳天皇陵の形が写っている写真が載っていた。

エジプトにあるのと同じ黒い錆びない板みたいなものが火星に立っているはず。

―火星に人がいるっていう写真もあった。

でも、あの形ではない、どっちかというとドーベルマンみたいな犬のようなもの。火星への移住はそれに対して防衛できればいいけれど、わざわざ危ないところに行かなくてもいいと思う。それだったらまだ月の方がいい。

アメリカは知っているはずだよ。月だって急に行かなくなったじゃない。

危ないってわかったんだ。でも、ほかのところ(=国)が行っている。ロシアとか。月も危ない。過去の(文明の?)産物がある。

一番人間が行って安住の地できるのは、月の向こう側に地球に似た星があるんだ。木星の恒星。そこは温厚。でも重力が小さいから人間がスーパーマンになっちゃう。軽くなっちゃうから。

(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。