AIチップと脳

人間の脳にチップを埋め込むことは、医療分野で進んでいくかも知れないが、支配層が人間をコントロールする管理社会に利用されることは容易に想像がつく。(参考記事「脳にチップを埋め込む時代はもうすぐ? イーロン・マスクが目指すこと」)

AIによるコントロール

いろんなことを知りたければAIを調べてみな。

いつの間にかいろんなところにありますよね。それを作った人たち(※開発者を指すのか)、それを調べるともうリモートであちこちに入れたり…。

(AIチップは)ワクチンには入ってない。もう少し大きいもの。見える。

タンパク質が似ているから入ると同化するんだよ。中のチップが小さくなる。だから脳に入れられる。皮膚のたんぱく質と同じような膜で覆われた小さいチップを入れると、中で同化して溶ける。

分解して排出して新しいものを作って皮膚はできている。コントローラーが入っている。半導体みたいな。 

それを脳下垂体の隙間に入れる。

入れてコントロールしたい人がコントロールする。

怖いことに、なんでAIが暴走しないって思うんだろうね。 

バイデンも入ってる。

岸田さんは入ってない。入れる価値無し。習近平は入ってない。あれはコマだから入れる価値がない。

――誰の駒なんですか?

知らないほうがいい。誰もが知っている人の駒だよ。

AIはもうその計画は結構なところまで進んでると思うよ。アンドロイドもできてくる。日本人の科学力はすごいよ。人工皮膚とかもすごいよ。

アンドロイドも人間が行けないところに行くとか、科学力の進化ならいいんだ。どう使うかの動機が大事。AIは知らないうちに入り込んでいるよ。

(2022年2月)

 

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

特集テーマ

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA