UFOと宇宙人のエピソード(4)

UFOと宇宙人のエピソード(3)の続き

そういう奴ら(=人間が知らなくていいことを知ってしまった時にその証拠を潰すために動いている者たち)が来たら、話をつけるには私流の話のつけ方をした。宇宙人で来たら、私の本体で話しをする。本体で話しをするっていうのは人間流の話ではないねえ。

―テレパシーみたいなもの? 人間の言葉を使わないんでしょ。すみません、こんな人と一緒に会を4年もやっちゃいました。この会を抜けるなら今です(笑)

これでも苦労してんのよ。初めは暑い寒いがわからなかったし、人が嫉妬をするのもわからなかったし。わからないことがたくさんあったけど、(周りのサポートがあって)ここまで来た。感覚として一日を一日として見ていたから。人間はこういう時はこういう感情で動くんだなとは思っても、それをすべて理解しているかっていうとわからないよ。 

私とはまた違う動きをしている宇宙人もいるよってこと。共同で何かしている宇宙人もいるし、一人暮らしでいるのもいるよ。食べたふりをしながら食べてなかったりするし。 

 

宇宙人も人間を学ぼうとしている

―私は中国に住んでいて、中国人ってやはりずいぶん違うと思った。だからいろんな国の人たちはやはりそれぞれ違う。それを知ることで許容範囲が広がるよね。そこを、宇宙人まで広げて許容範囲にすればいいってことかな(笑)

向こうも学ぼうとしているだろう。

―そのー、真っ当な宇宙人ばかりではないだろうからね。

あのね、私はよく思うんだけれど、「真っ当」(っていう人間の意味)が何なのかわからない。

―地球人的に言って….

そこを学ぶために来ているわけで、われわれのことも学んでほしいなと来ている者もいる。

―この会に参加している人たちって道徳的だし、真面目に生きている人たちだけど、なんかそういう宇宙人の不思議な力を使ってやろうって思う人たちもいるじゃないですか…。お金儲けしようとかね。

ああ、人間が使おうとするのね。(こちら=宇宙人の方は)使われるふりをして使っているけどね。感覚とかが全く違いすぎるので、人間が使おうとする瞬間に向こうはそれなりの擬態をしますから。

―思ったんだけど、宇宙人も人間を学ぼうとしているのなら、そういう強欲な人のそばに行っちゃったら、宇宙人は感化されてしまわないの?

されない。なぜならばより多く学ぼうとするから。それだけではなくて。

―そうか、ほかの事例も学ぼうとするんだ。よく陰謀論などで、後ろから動かす悪い奴らがいるというのは、人間の成れの果てなの?

うん。

―悪魔と魔物は違うってあなたはよく言うでしょ。悪魔は役割だって言ってたでしょ。悪いことをやっちゃいそうなのは人間の成れの果て?

うん。「まじもの」ってよく言うんだけど。人間と宇宙人のハーフもいるし。混じり物っていう作り物の宇宙人もいる。

―宇宙人のカテゴリーはわけがわからなくなる。

宇宙から見たらみんな宇宙人でしょ。地球から見たら外の人は宇宙人でしょ。それだけにすぎない。カテゴリーとしてはもともと地球にいた者で、人間が増えすぎたけど、今人間が宇宙人として認識している形のままずっと地球にいて、まあ、動物に近いけど地球人なんだけど。隠されていたかはわかないけれど、身体も頭も弱いから淘汰されていくじゃない。つまり発見されなければ、いないことになるんだよね。だから地球で生まれている者もいるよ。

UMA(未確認動物)とかそうなの?

そうだと思うよ。それから基地から逃げたもの。その成れの果ても多い。人間は思ったより残酷で残虐だよ。だからタブーがないのは人間じゃないの?って思う時があるよ。

―だよね、戦争なんてしないよね。

そう、そして実験もそう。われわれがあまりにひどくて止めることもある。いかにわれわれと感覚が違ってもこれはダメだと(人間を)止めることもある。人間同士でだ。赤ん坊を作るときの人体実験だってそうだ。DNAを混ぜるわけだ。

―そういえば先月は人間と何かの合いの子がいるって言っていて、何との?と聞いたら言えないって言っていた。

うん。

―人間じゃない宇宙人同士も、交流がある場合と、こんな奴もいたんだってこともあるのか?

ある。そりゃそうだ。でもテクノロジーが進んでいればいるほど、いろんな部分でもっと上に上がるっていうか、学びたいと思うし、伝えたいと思うし、それだけがすべてではないという共通の意識はある。人間の共通意識とはずれるかもしれないけれどね。

(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。