次元とは?(3)

―この前の話で、超文明の装置が埋められていて、それは選ばれた人しか開けられないといってたけど、同じような次元のトラップのようなものを仕掛けてあるのかな? 例えば、シャンバラに入るには小さくならないと入れないとか。

アハハハ。(一笑に付される)

―地球ルール装置みたいなものをどこかに埋めているんですか?

違う。人間は時にえらく残酷で無慈悲になるでしょ。地球(自体)は残酷にも無慈悲にもなれないのよ。ヒントといったらそれがヒントだね。その道具ではいけない。原初に立ち戻る。人間はあまりにも忘れすぎている。とてもシンプルよ。自分を愛しましょ、期待するのをやめましょ、選択の自由を取り戻しましょ、この三つだよ。シンプルでしょ。

―次元の話から話題がぐちゃぐちゃになりました、誰がどうにかしてください(笑)

でも人間は好奇心を持っていて使わずにはいられない。それは良いこと、悪いことではなく、良いこと悪いことという観念も人間が考えたことだから。(「われわれさん」から人間を見ると)あら、あんな遊び道具持っちゃって、大変ね、あの子って感じ。

―ときどき考えられないことする人いるでしょ。

その人にとっては画期的なことで、正義でしょ。そして、地球にとっては何一つ無駄なことはない。何一つない。

―でも、地球にとっては我慢できないところに来ているのでは?

っていうか、地球を守りたい者たちからしたら我慢できないことが続いている。そして怒りは頂点に達しつつあるといってもいい。そして天網恢恢疎にして漏らさず(=天罰を逃れることはできない)。隠そうがどうしようが自分自身に嘘はつけない。見ている者に対しても嘘はつけないんだ。

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA