宇宙人とのハイブリッド(2)

前回の続き。人類と宇宙人のハイブリッドが存在しているらしいし、本人が自覚している場合とそうでない場合があるようである。また、政治家の中にもハイブリッドか、それに使われる者が存在していることがわかる。

人間との掛け合わせ 

―(宇宙人とのハイブリッドは)絶対聞いちゃいけないかもだけど、この中にいる?

いないねえ。

―やっぱり(笑)。よかった、普通の人たちだったんだ、私たち(笑)。

―ハイブリットの側の者たちって、この次元の形がないから、人類に入っているんですよね? この三次元に。

ううん、形があるんだ。

―そのままで動くと目立っちゃうから?

たとえば、人間ではないものと人間を掛け合わせると、いろんなものができるじゃない。

人間に近い形もできるわけ。目が2つあってとか。白人は作りやすいんだ。遺伝子的に。

―白人って、宇宙人に近いの? 何をもって作りやすいんだろう。

ゲノムじゃないかな。日本人も作りやすい…かな。ある一部を除いて。ゲノムが違って作りにくいのもいるけど。だから、実態があって触れるよ。 

―へえ~~。

で、ある時期が来たら、あ、思い出したっていう者と。(ハイブリッドであることを自覚するか、思い出してしまうことを)「時限爆弾」って言うんだけどね。 

 

アメリカの政治家 

―ねえ、私の知っている人でハイブリッドはいる?

言わないほうがいい。

ヒラリー・クリントンは?

どうだろう、クォーターぐらいじゃないの。あるとしたら。それも実験によってだから。

でも、周りにはいるんじゃないの? 使われている方だよね。

―やっぱりそうだ。クォーターに使われている方なんだ。

―なんか、天気が暗くなってきた。こわ! ちょっと怖いからヒラリーのことはやめよ。お菓子タイムにしよ~。

そうね。そこらへんは今とってもいろいろ動いてるから。

―消されると怖いから、やめてお菓子を食べよう(笑)。

ーヒラリーのご主人はよさそうな顔してたじゃない。

―えー、善人顔は悪いやつですよ。副大統領だったゴアとか。

ゴアは悪いやつだ。(2020年8月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA