人質、拷問、影武者

今回は脱線した話題もあるが、情報を鵜呑みにせず、自分で判断することが大切であることの好例となっている。

―ちょっとくだらない質問してもいいですか? この前、人質になっていて解放された安田さん(2018年10月、フリージャーナリストの安田純平氏が、シリアで人質となっていたが、解放されたというニュース)、あれ嘘っぽくないですか? 人質になんかなってないでしょ?

(人質には)なってないねえ。

―ネットの情報では人質になって身代金をもらい、後でキックバックしてもらってるってあったけど。

あの場所にはそういう人がもう23人いるね。人質のフリ。

本当につかまったら殺される。出てこない人だって何人かいるんじゃない? 政治的な背景は違うから、政治的にも裏でつながっているんじゃないかな。

本当に拷問を受けた人は目が違うんだ。

―やっぱり! 人質になって拷問を受けていたとは思えなかった。インタビュー受けたり記者会見したりできないよね。ネットの書き込みを見ると、みんな信じてないのはおもしろかった。捨てたものではないなあと思った。見た時の瞬間の違和感とか直観って非常に大事だね。

 

チベット・ウイグルでの拷問

(拷問の話題から)本当に大変な拷問なことになっている、チベットやウイグルなどはもう酷い。子供や女性、男性の臓器売買のルートが出来上がっている。 

裏の能力者が総攻撃しているよ。

 

金正男の影武者

―あと、金正男の影武者。あれは絶対違う。シンガポールに行ったのは違う。殺気がなかった。緩い感じだったし。どれが本物かわからないくらい。

米朝首脳会談 握手の瞬間の映像

あれは強制的に最初の人格を壊されて、洗脳をされて整形をして、本人もそうだと思いこまされている。思わせられている。そうしないとできない。(影武者は)全ての人格を壊されるんだ。

(影武者が)会談をするときはどうするか。妹と側近がいるでしょ。(でも)本当の妹は出てきていないだろう。

―本物は北朝鮮から出ないんでしょう。国外に出たらクーデターが起きるでしょ。どれだけ周りを殺しているか。

(金正恩は)もう、ノイローゼ、恐怖症。殺してきた一族だし、それを見てきたし、自分も殺してきたし、誰も信用できない。

―なんかさ、人類ってレベル低いねえ。

低いね。いつ高くなるのかな。

それ(=あること)を知った、その上でどんな行動をとるのか。今あるその場所でどう行動するのかがとても重要だ。一人一人が重要。

地球に住む者。多少自由に動けるじゃない。強制的にされていないところ、日本とかは。どう感じてどう発信して、自分で納得して動くのかが重要。

真実は出てきて、聞いて、見なければ真実にならないのが人間だから。どんなに悲惨なことが行われていてもね。もちろんいいものも悪いものも。それがぽろぽろ出てきたんだ。

自分で感じて自分で考えて、っていうある意味冷静な人たちが発信している。それは諸刃の剣で、偽情報も出てきている。それを見抜くしかない。そこの中で力にもなるんだ。(2018年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA