ヴォイニッチ写本(2)

前回の続き。この写本の解読は、文字の研究というアプローチの他に、感じるという感覚的なものもあるように思う。科学だけの研究者では理解しにくいだろう。

――こういうのもあるんですよ。

これ時間じゃないかな。

あ、これは星読みだ。これが「風」を読むの。地球の季節の風。

 

やっぱりこれは上から見た生命の木でしょ。下が星だから。

――何の図だかわかるんですか?

感覚だから。でも一番わかりやすいと思うけどね。

――西暦1400年に書かれているらしくて…。

だから原本じゃないんじゃないですか。その時代の人にわかりやすく書いたんじゃないの。

音だと思うけどな。揺らぎがまだあるから。重ねたほうがいいんじゃないかな。重ねるよね。そうするともっとわかる。

――写本はアーカイブに公開していると思うので印刷してみようかな。解読してローマに送ってみるとか。

人間の形の木の実もあるからね。ほら、「十二国記」(小野不由美のファンタジー小説)にあるじゃない、人間の卵がなる木があるみたいに。

――不思議な絵だね。

それでね、うその絵も入ってる。なんだこれっていうものもあるよ。なんで入れているかはわからないけど。そこで(見た人が)何を得るかだね。

言葉だと決まりきった見方ではなくて、これとこれを組み合わせたらとか。特に星読みは。

一番わかりやすいのは京都の陰陽師の羅針盤みたいなやつ。それって二つ重ねてずらして表してるでしょ、それと似たような感じ。 

でもほとんど「音」だよ。

――昔のミュージックですか?

そうではなくて、もっと根本的な音。サラサラサラ~とか。子供は風が見えるっていうでしょ。音で見る。風が通ったとか。

(続く)

(2021年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング