プーチンの不老不死(2)

プーチンの不老不死(1)の続き

(プーチン大統領は狙われて)弾に当たっても死なないからね。傷はつくと思うけれど、人よりは早く治ると思うよ。すぐに治るとおかしいからわからないようにしていると思う。

―人間っぽくはしているけど、かなり人間として進化しているんだ。

進化ではなく、退化だと思うよ。人間が進化したことで失ったものは長寿だ。昔は、かなり長生きな遺伝子を持っていたはず。竹内文書の天皇は何百年も生きていたことになっている。そういう遺伝子はもともと持っていて、その中でも、農耕民族は狩猟民族よりも長生きなんだ。

進化した分の対価は何?ってこと。汚した分を身体が請け負った。病気がなくても今なら、70から80歳でしょ。本来は150年から230年(の寿命)は遺伝子的には、農耕民族は持っている。それはテロメアが短くなってしまっている。病気の遺伝子を逆転に使ってほかの病気を治す、たんぱく質ができている。脳はまだどうなっているかはわからないところが多い。日本はそういう研究には長けている。

―でも日本でそういう長生きの研究が進むと、どこかで潰されているよね。スタップ細胞とか。

大好きな話をしようか。京都にいる裏天皇の3匹の中の金鳥(きんちょう、漢字は当て字)っていうのは長生きだよ。裏の天皇は、天皇が京都に返ってきてほしいんだ。

―裏天皇の一人はどのくらい生きているの?

300年。

―賀茂の一族?

全く違う。賀茂の一族は下ですよ。

―プーチンは長く生きているという自覚はあるんですよね。

もちろん。ただクローンだという自覚はないかもしれない。クローンだと自覚した瞬間に細胞が変容するんだ。

(続く)

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。