池袋の事故

東京の池袋は、繁華街という理由だけではなく事件・事故の多い街であるように思う。大きなものとしては、1999年9月の池袋通り魔殺人事件、2015年8月の池袋駅東口乗用車暴走事故、2019年4月の東池袋自動車暴走死傷事故など、不幸な事件が相次いでいる。

―先程また池袋で事故があったって話をしていた(この話題の当時はまだ速報の段階)んだけれど…。

あそこな、2060年に一度くらい同じような事件事故が起きるよね。車の事故が起こったり、通り魔が起きたりって繰り返すんだよね。

池袋と、渋谷のセンター街とか。なんとなくダークスポットがあるみたいだね。

―何となく行きたくない、嫌な感じのところは行かない方がいいね。

それでも行かなければならないときは、何のためにそこに行って、どれくらいそこに滞在して、どのタイミングで離れるかって考えた方がいい。そのために行くんだっていうとガードができる。たらたら行っていたら引っ張られるから。

―ある人のお嬢さんが、池袋乗り換えが近いのに違う経路で会社に通っている。なんでそんなことをするの?って。

それでいいと思う。それでも感覚の方を今は大事にしたほうがいい。日本人の感覚が欧米よりもちょっとずれてきたみたいだから、凶暴化する人は凶暴化するし、内にこもる人はこもってしまう。それがすごく差がある。日本人らしさが散漫になってきたかな。

―何となくの感覚が出てきた人もいるよね。

そう、出てきた。それは若い人に多い。

理解できるかできないかではなくて、彼女にとってその行為は正当な行為だと認識すればいい。彼女は一生懸命その池袋の気質が合わないようにしているんだ。っていうことは合いやすいんだ。だから怖い。無意識でも意志的でも。

―全然(そこの気質に)合わないと思っていれば平気だものね。(2019年4月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA