区別と差別

執着しない

―(時代が大きく動いてくる中)やはり、今までの考え方ではやっていけないのかな?

だから、柔軟に、だよ。

―今まで通りの生き方に執着していたら、大変、頭おかしくなるかもね。

だから執着しない、自分の目で確かめて、怖れを怖れとしてとらえて、ちゃんと怖れましょう。情報をちゃんと取りましょう。明日に延ばしていいことでも、今日できることは今日やっちゃいましょう。明日があるとは限らないっていうイメージで。

―なんか、怖いことばっかり言うね…。

だって、その情報が欲しいわけでしょ。

―いや、まあそうなんだけど、そうだと思ってそれに備えておけば、それがきても安心もできるね。

そう、安心もできるし、意識することで、もしかすると小さくなって、流れるかもしれないんだ。だから知らない人たちにゆっくり伝えてほしいんだよ。

 

差別と区別を考える

さっき言ったように、差別と区別のそういうお勉強もはじまっているから。

―差別と区別って? 

区別するっていうのは、みかんはみかん、梨は梨なんだよ。これは区別でしょ。みかんは梨になりえないんだから。

―みかんにみかんだからお前は悪いっていうのは。差別だよね。

―今言っているのは人種的な事ですか?

すべてだよ。

―ジャッジしないって言っているじゃないですか。自分の感情が入ってジャッジしてしまうと差別になる。

ジャッジして、そこに執着ができると巻き込まれるでしょ。感情をコントロールしなさい、感情をちゃんと見つめなさい。

そろそろやりましょうって。

―今、コロナでアジア人がヨーロッパで差別されている。車から降ろされたり。

みんな知らなくて怖いから差別するんだよ。

だけどちゃんとそれを知りましょうってこと。

それは宗教、民族、超えましょうってことなんだ。日本人からやりましょうってことなんだ。今、この時期、この期間に日本人に生まれているんだから。

―この前から、それがとても重要みたいなんだよね。日本人、やることあるんだ。

何のために生まれたのってことでしょ。(2020年2月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA