マインドコントロール

太平洋戦争時は激動の時代でマイナスの思いが強く、何に国民が動かされるかという実験でもあったという話がある。一つのマインドコントロールであろう。そして今の時代もマインドコントロールは続いているという話題である。 

―それ(太平洋戦争)はマインドコントロールの実験だったんですね。

―カンボジアのポルポト(1970年代後半、ポルポト政権化で推定で200万人近い大虐殺があったとされる)もマインドコントロールされていた。

あれは実験だからね。そうすると傷を負うことになる。ずっとおびえる。コントロールされて殺してしまった人は今度は殺されることに恐怖する。

―中国の文化大革命もそうだし。世界中にあるよね。フツ族とツチ族(1990年代のルワンダ紛争と虐殺)もそう。ラジオ放送か何かでマインドコントロールしかけたらしい。ポルポトだって同じカンボジア人だし、文化大革命だって同じ中国人。

 

洗脳されにくい日本人

あのね、日本人は洗脳されにくいんだ。なぜか、何でも受け入れるの。アイツが絶対的に悪いというところまでいかないんだ。そこに行く前にそれって本当かなあって言われると、あれ??ってなる。

―他人との境界線が少ないので、自分を守るために相手を攻撃するという感覚が薄い。あるけど薄い。

今の若い人は特にだけど、やるよりやられた方がいいって思っている。

―いや、それもまた、別な意味でまずいけど。

いや、それが一番の武器になるはずだよ。

―それはね、どこかの人たちが他国から攻めてこられたら、話し合えばわかるし、やるよりやられるほうがいいって、それは全然違うと思うけどね。(2018年11月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA