第三世界(2)

前回の続き。「第三世界」という表現は、この三次元の今の世界と捉えていいようだ。宇宙や無意識世界の話が茶飲み話のように語られる。

世界はエネルギーが先

(この第三世界は)そこにエネルギーがあるから地球が生まれるんだよ。惑星が生まれるんだよ。

惑星もエネルギーを持っているから。

 

――じゃあ、第三世界にあるエネルギーって「一つ」なんだ。

うん。

――その一つのエネルギーからちょっと引きちぎってAさん(人間)に入ったり、Bさん入ったりするんだ。あ、入るんじゃなくて「包む」んだった。

そう。

 

無意識世界はひとつで、つながっている

だから無意識世界はひとつだよ、一人しかいないよって。

意識はつながっているんだ。

――へえ~

――そうか、みんなを包んでいるエネルギーってもともとは一つだったんだ。

(例えると)このポットに入っているお茶はひとつだけど、このコップに入りました。こっちのコップに入りましたって。

でも元のエネルギーのある所は(ポットを指して)ここだよ。

それぞれのコップに入ったとしても、意識体、無意識体はつながってるし、離れられないの。

――へえ~~。

もっと言えば、ほうじ茶を作るのにお湯が必要だ、お湯とか水なんだよ。

どんなほうじ茶でも緑茶でも分かれることはできるんだ。

それが(人それぞれの)特性とか、個性とか。 

――こっちはほうじ茶のグループ、こっちは紅茶のグループとか。

とってもわかりやすく簡単に言えば、ね。

(2021年3月)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA