守護霊とは?(1)

「守護霊」についてこれまで質問したことがなかったが、このメッセージを読むと、一人で生きているのではないんだ、という勇気を与えられるだろう。

守護霊は3種類

―今まであまり話題に出てこなかったのですが、よく言われる守護霊はどういうものなのかな?

基本的な質問が来たなあ(笑)

 赤ん坊が生まれる前に、いろんなこととかをコーディネート、助けてくれる人たちがいる。こういう経験をしたいがどうするかとかを考えてくれる。

 われわれは「人生の地図」とか「青写真」とかいうのだけれど、こういう経験をしてできるかどうか挑戦したいとか、今の文明の発展のための知恵を生かすにはどうしたらいいかとか、生まれる必要はないんだけれど、これはしょうがないから行ってやろうか、どこで登場する??ていう3種類がある。

どこで登場するっていうのはどこで生まれるかってこと。その時に生まれる前の記憶を持つかどうかとかね。

 その時にコーディネートしてくれた人が「守護霊」、「守護の人」とか言われる。それが一人。その人を起点にどこの家系に生まれるかでそのご先祖様たちが手助けをしてくれる。

 例えば先祖さんの中に、農業とか医療とか商業とかに長けている人がいて、もしその人がその方面に進むなら得意な人がサポートしてくれる。それが指導霊。カメラを知らない人はいじれないけど、何となく触っていたらできちゃったっていう時はそういうカメラに長けている指導霊がついている可能性がある。

 幽体自体を守ってくださる、今度は「主人の主」、「主護霊」、「主護神」という方がいる。グレートサポートといって、例えば行き詰った時や、生きるか死ぬかぐらいの時に、それもサポートではあるんだけれど、全体を守護して守ってくださる方は、一般的に共についてくるのではなくて、幽世、向こうの世界で見守っている。だからちょこちょこは手助けはしてくれない。ヒントはくれるけど。その人がどうやったら楽しんでいろんな感情を自分の中で経験して、ワクワクしながらクリアできるのかというのをサポートしてくれる。

 役割分担がある、指導霊さん方々、守護霊さん方々はその方々もサポートすることによって経験をしてそれをプラスアルファできる。だから共にということになる。幽界にいる主護霊さんは経験しまくっている方々なので、先生みたいにこういうヒントがあるって教えてくれる。

 ―大学の担当教授みたいな?(笑) 答えは教えてくれないけどヒントはくれる。

そうそう、自分はこうやったよ、というようにサポートしてくれる、それは知らなければできない。サポートする守護霊さんや、担当するご先祖さんたちはそのポジションに行きたいわけです。経験を積んでレベルを積んで主護霊さんのようになりたいんです。

 ―へ~~、面白くてわかりやすい。

だからこそみんなワクワクして、悲しい感情もつらい感情もうれしい感情も含めてみんなで行きましょうって生まれている。一緒に経験している。泣いているときは一緒に泣いているし、どうやったらうまく行くかなあって悩んでいるし、なんでここで悩むの、こっちにもあるよって教えてくれたりする。 

感情もないわけではない。その者たちの経験によって私たちとはだいぶ違ったりはするけれどある。

こちらで、ハイ終わりました、ってお葬式になると、晴れ晴れとして迎えてくれるのが先祖さん方々。守護霊さんが「お疲れさま」って来てくれる。向こうでは誕生日だ。よく帰ってきた、無事に帰ってきた、どういう経験したのかって、晴れ舞台ですよ。悲しむ必要はない。寂しく思うことはあるよね。卒業だから。守護霊は生まれる前に、主護霊に「お前やれ」って言われる。お仕事なの。

(続く)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。