守護霊とは?(3)

守護霊とは(2)の続き 守護霊について知る機会であるが、今回の内容こそ、子育てをする人、生きる意味・生まれた意味を考える人など、いろんな人に是非とも読んでいただきたいと願う。

赤ん坊は親を選んで生まれる

―よく言われる赤ん坊が親を選んで生まれてくる、というのはどうなんですか? (生まれる前の)青写真の時に決めるんですか?

決めます。確実に決めます。だからおもしろいことに母親と父親が出会う前から決めちゃうこともあるし、出会ってから決めることもある。

―このふたりを両親にして生まれたいから、くっつけちゃおうとか(笑)

そうそう、それをキューピットっていうんだ。いろんな画策をするんだ。で、生まれる方は賭けをしているようなんだ。そのお母さんが産まないって選択をするかもしれない。でもなんとかしようとする(笑)

―結構苦労してるんだ(笑)

そう、最近は特に。産みたくないって人が増えたから。それと身体が十分に発達しない人がなぜか増えている。男性の中身が女性化している。

―化学物質だよね。「奪われし未来」って本が怖かった。山梨では種無しブドウの薬品処理は独身の男性にはさせないって(聞いたことがある)。

奇跡的に赤ちゃんが生まれたっていうのは赤ちゃんがどれだけ苦労して画策してきたか…。

だから生まれた者は生まれたというだけで、自分自身に責任がある。産んだ人は産んだという時点で責任を果たしている。

―生まれる前にいろんな検査をして産まなくするのは、反しているわけね?

それもまたひとつの賭け。反している、反していないは、われわれも赤ん坊たちも判断しない。ただあんまり勧めはしない。自分たちの経験にならないでしょう。経験としたらそれも経験の一つと捉えることにはなる。ありとあらゆることをして、そういう人たちと出会わないようにする(笑) 生まれるって大変なんだ。

もちろん産むほうも大変だ、十月十日入っているわけだし。その中で不安もあるだろうし。

そういう形で生まれてくる。(守護霊の)サポートも一緒です。幼いころはみんなサポートを見ているはず。その時にサポートから「大丈夫だよ、安心してね」とずっと言われている。

―親みたいな存在だ。

すべてだね。共に成長していくし、いろんな経験をしているから親ともいえるしね。甘やかす存在ではない。なんで助けてくれないのっていうのはお鉢が違う。

―ものすごくきつい経験をしている最中に、なんで私はこんな大変な経験しようと思ったんだ、バカじゃないかって、自分に文句を言ってた(笑)

後ろは見ていて、やれ、って言ってたね(笑)

―すごく面白い話。今までなんで聞かなかったんだろうね。

(続く)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。