好きな場所の感覚を再現すること、空間を思い出すこと

過去に行ったところで、自分の気に入った場所、空間があればそれを思い出すと良いらしい。良いエネルギーとつながることができるという。

 

清しい場所を思い出す

 

イメージとして、例えば (すが)しい場所に言った時、それは神社だろうと自然の中だろうと、自分にとって清しい場所に言った時、感覚の再現をするといいよ、今後は。

――思い出すということ?

思い出すと、(今いる)場所がその場所になる。

ありありと。

そしたら、空間が移動してきてくれる

エネルギーが循環してきてくれる。これは「つながる」ということ。

そして、疫病(えやみ)も、憂いも、そこに預ければいい。

転換してちゃんと自分にとって必要なエネルギーとして返してくれるよ。

――それをちゃんとやったらすごいね。

やって!

――はい(笑)! 今日の(降りてきたエネルギーの)人、好きかも。

これはお金も時間も、労働力も一切要らない。

そして自分が清しくなること。

もともと何も持っておらず、そのまんまで愛されるべき存在だから。 

――人だと、思い出すことはあるけれど、場所だとあまりないですね。

だから縁を強くするの、好きなところとか。

――その場所に行って、「はあ~」って気持ちを開放するような、場所を味わうような時間をゆっくり取るといいかも。ここきれいねえ、で終わらないで。

それは近所の喫茶店でも、自分が落ち着く場所。 

――音があってもいいの?

もちろん。自分が清しければ。落ち着けば。そこが聖域。

あっちがいい、こっちがいいという情報もあるけれども、合わない人もいるし。特に今は。

――いいと思ってたところでも、分杭峠みたいにダメになっちゃったところもあるしね。

人の念はそういうところに落ちているでしょ。

そういう思いで行くと、類は友を呼んでしまう。拾わないようにね。

それはいい悪いではなくてね。不完全で、不器用で、いいんだから。

やり方と、時間の観念の問題でしょ。

(2022年11月)

★これまでの700件以上の投稿記事から、テーマごとにまとめたページを作りました。随時、追加予定です。

関連記事

これまでの「われわれさん」へのこれまでの膨大な量のインタビューの中では、同じテーマで質問することもあるので、メッセージを横断して特集していきたい。同じ内容でも表現の仕方が違うため、一つのテーマへの理解を深めるきっかけとなり、サイトのコンセプ[…]

IMG

★より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ