欲と大欲(1)

これから2回に渡って「欲」についてのメッセージ。自分のやりたいこと、欲しいもの、などを把握しておくことが、意外にも大切であることがわかる。

自分の中にあるいろいろな「欲」を自分自身がちゃんと理解して、ちゃんと持ち歩いてください。打ち消すのではなくて。

これが自分の欲よ、これが欲しいよ、でもいいし、こう自分で思っているよ、でもいい。欲があるのは悪いことではないから。欲を自分でしっかり理解して持っているのがいいこと。そうすると力になるから。

それがあることを認めることは重要。この欲があるから動くってこと。

その欲を自分で理解するときにひとつだけ気をつけてほしいのは、その欲で傷つく人がいるのかは見た方がいい。

ただし自分のいろんなことをするときに傷つかない人が一人もいないことはない、それはあり得ないから。傷つくのは必然だから。自分も相手もなるべく傷つかないのがいいけれど、傷つくということにも負けないでほしいんだ。傷つくからこれはやめようではなくて、傷つくけれども、これはこういう想いがあってて理解の上やるんだからって。

―まあ、痛い思いもしないと成長しないしね。

そう、お互いにね。それは誰かが傷つくからって言い訳をしているうちはやりたくないんだ。大欲ではないんだ。(続く)

 

★よりたくさんの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA