変化の時代に備えて

気候、天災、政治の情勢を含めて、もはや何が起こってもおかしくない時代である。どういった心の姿勢がいるのだろう。

動けるときに動けばいい

(自分の気持ちに従っていくと)そうすると周りもいい感覚になるでしょ。起きられなかったら寝ていればいいんだ。寝ていてグルグル余計なマイナスなことを考えるのではなく、本当に休むことを学んでいるんだから寝ていればいいんだ。寝てなさいって。動けるときに動けばいいし、動ける者が動けばいいんだ。そういう時代だから。

―そういう変化の時ってこと?

いや、そういう時代です。そこは変容変化していくしかないから。

どんな場面、どんな形、一見悪いと思う形であっても、楽しめ、笑えっていうこと。だってもう、ドンと構えるしかないんだから。起こるものは起こるんだから。

―起こるものは起こるって言われると怖いんだけど…。さあ、何が起こるかな。まあ、確かに変わっていく時代に直面しているっていうのは感じますね。

一見、美しい、ああキレイだなあってことほど実は怖いことかもしれないよ。

―何を思って今言ったの?

さあ~。

 

ジャッジメントしない

一見これはいいなと思うものほど悪いものかもしれないじゃない。

で、ジャッジメントしないという本当の真の意味をよく考えて。

―要するに自分でジャッジメントしないようにしていくと、小さな声が聞こえるよね。

それとジャッジメントする人が自分の周りから減る。自分自身に対してもジャッジメントしちゃだめだよ。きついから。きついことは極力やめましょうってだけよ。

―ジャッジメントをする、しないって、非常に難しいレベルがあって、良い悪いではなくて、そこへ行きたいか行きたくないかって…

それは選択であって、ジャッジメントとは全く違う。ジャッジメントは面白いことに自分が一段上の目線から見てるんだ。

―一番上に行っちゃうと天皇陛下のように上という意識にいられないんだね。

天皇陛下はその場ではないから。上とか下とかではないから。(2019年10月)

 

★記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキング

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA