仕事の「割り切り」

話題になることは少ない仕事に対してのスタンスを語る。気の合わない人とも仕事では一緒にしなければならないことがあるがどうしたらいいだろう。

仕事という割り切り

―この人たちと何かやろうと思っても肌感覚が違ったらできないよね。

できない。

でも「仕事」という認識で割り切ればできるけど、そこにはもはや感情がない。感情を入れる必要がない。演技をする必要はあるけど。

―意外と仕事でも割り切れないかなあ…。感覚が合わないと仕事も捗らない。

―私もそうかも…。

(仕事に対して)どの認識で、どの思い込みがあるか、だけだ。

単純にシンプルに自分の感覚に嘘をつかないということ。

―ただ生きているとそうもいかないこともあるよね~。

だから割り切るの。どこまで割り切れるかなんだよね。

割り切ることと、諦めは違うから。

直観は大事にした方がいいよ。

―誰かに紹介されても会いたくないなあと思ったら会わなくていいですか?

会わなくていいよ。本当にそういう直観って効くのよ。

会いたくないなあと思っても連れていかれることもあるじゃない。私の仕事はそういうことが多い。そうしたら感情を入れない。だからすぐ忘れる。認識しない。

本当の割り切りってみんな言葉では言うけどできてないからね。

でもそういう風にした方が楽。例えば、その相手と一日だろうが20年経とうが割り切ったら友人でもないし、ただの顔見知りだ。

 

楽しい時間を延ばす

―仕事だと友人関係と違って終わったらそれで切ろうと思えば切れるからね。

これから仕事のジャンルの云々ではなくて、選ぶのに時間のジャンルになると思う。

その人との共有時間、仕事も友人も。ちょっとずつ楽しいほうの時間を延ばしてほしい。

―ずいぶんそうなったよ。年のせいもあるかもしれないけど。

年は関係ないよ。その方がうまくいくの。まわりも。だから余計なおせっかいしないこと。その人たちはその人たちで見つけるから。

―住む世界が違う人たちがますますはっきり分かれてきている。ずっと言っていたけど、本当に。ちょっとぐらい大丈夫かなっていうのが無理になった。

―コロナになってもっとハッキリした。

コロナに対しての考えや性格が見えてきたよね。

―いやもう、性格とかではなくて気配というか、気というか気が合う、合わないがはっきりしてきた。

コロナは悪いものではないからね。

―何かを加速させましたよね。コロナのせいにして、ごめんなさいすることもできるしね。

―大事なものと大事でないものがはっきりしてきた。

―今日はエネルギーが強いですねー。

(2020年11月)

 

より多くの方々にこのブログを読んでもらいたいと思っています。記事がご参考になりましたら、以下のクリックもお願いいたします。ブログランキングでは、他にもおもしろいブログに出会えます。

人気ブログランキングへ

精神世界ランキングヘ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA